夏といえば…。

ブログ

こんにちは!ウサ子です。

夏がいよいよ始まりますね!

夏といえばみなさんはなにを思い出しますか?

スイカに海に花火大会、そうめん、ひまわり…いろいろあると思いますが

ウサ子は、夏といえば甲子園

全く甲子園に興味がなかったのですが、ここ3年ほど前からテレビの前で熱くなっている自分がいました。

スポンサーリンク

甲子園の魅力

ウサ子の出身高校は野球が強く、地元大会の準決勝戦や決勝戦は授業が休みになり全校応援に行っていました。

その頃は、野球には全く興味なかったけど、全校応援は授業が休みになるからラッキーという感じでした。

旦那クンが元野球部ということもあり、たまたま甲子園を見たことがきっかけで3年ほど前から見るようになりました。

最初はルールなどわからなかったですが、高校球児の熱い思いがテレビから伝わってきて一気に甲子園のファンになりました。

昨年は記念すべき100回記念で平成最後の甲子園でしたね。

ウサ子が一目おいたのが金足農業の吉田輝星くんでした!!

吉田くんは秋田大会から決勝までずっと1人で投げ続けていたようですね。高校球児たちはみんな頑張っていましたが、特に吉田くんは輝いてみえました。

決勝戦の大阪桐蔭と金足農業。

さすが、大阪桐蔭って感じでしたよね。強かったです。

とくにどっちを応援しているとかはなかったのですが金農がんばれ!と金足農業を応援していました。

何が起こるかわからない甲子園。見るたびに熱くなり感動します。

夜放送される熱闘甲子園も欠かさず見ていました。

当日の試合ダイジェストとその高校球児たちの思いや甲子園に来るまでの経緯、高校球児のご両親の思いなど放送されます。

微笑ましくもなり、また感動して涙が出てくる場面も。

昼間の試合を見ているからなおさら心に響くものがあります。

高校球児の熱い思いや戦いが人の心を動かしていると考えるとすごい力ですよね。

 

スポンサーリンク

スポーツを通して得たもの

ウサ子も中学生のころ、部活動でソフトテニスボール部に所属していてスポーツの経験が少しですがあります。

中学生の思い出は?と聞かれたら部活の事を鮮明に思い出します。

真っ黒に焼けたこと、試合で負けてみんなで泣いたこと、顧問に怒られたこと、先輩に呼び出しされたこと…。ウサ子のチームは人数が少なかったけどその分凄く仲良くて常に一緒に泣き笑い怒られ。部活があったおかげて楽しい学生生活が送れていたと思う。

走ったりするの苦手だったり練習内容がハードで、本当にきついときもあったけどみんなで乗り越えたな~としみじみ。

部活をしていて本当によかったな。と思います。

一緒に笑って泣いて怒られその時、共有した思いがチームの絆を強くしてくれました。優勝とかしたことなく総体にもいけなくて強いチームじゃなかったけど団結力はどこのチームにも負けないと思います。それは10年以上たった今でも続いています。

部活を通じてかけがえのない仲間ができました。

また、精神的にもとても成長したと思っています。

目標を達成するためにチームで話し合い挑戦し、意見をぶつけ合い乗り越えたこと。

仲間のために声が枯れるまで応援しサポートすること。

 

大人になり、あそこまで熱くなることがなくなったので本当に貴重な経験をしたんだなと思っています。部活で経験したことは、社会人になったいまとても感謝しています。

仕事でも目標を達成するために仲間と協力し、一つになることはとても大事なことですよね。

部活をしていたからこそ、協力することや諦めないこと、仲間の大切さを知り仕事でもやり遂げることが出来たと思います。

甲子園を見ていると学生のころを思い出して、心が熱くなってしまうんですよね。

スポンサーリンク

最後に

少し前までは甲子園もですが、スポーツ自体みる事がありませんでした。

今は、駅伝をはじめワールドカップ、バレーボール、卓球などスポーツ番組を見ることが大好きになりました。テレビの前で頑張れ!と熱くなります。

頑張っている姿に心打たれます。人の気持ちをテレビを通してここまで動かすことは凄いことですよね。

 

今年の夏は、甲子園球場に足を運び、生の高校球児の熱い戦いを見に行きたいと思っています。できれば地元の高校を応援をしにいきたいなぁ♪

今年はどこの高校が優勝して、どんなドラマがあるのか今から楽しみです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました