妊娠中に気を付けたこと

ブログ

こんにちは!ウサ子です!

妊娠中のお話と気を付けていたことです♪

いまはネット上にいろいろな情報が飛び交っていているので、どれがいいのかわからないですよね。

ウサ子も産婦人科の先生に確認しながら妊娠生活を楽しんでいました(*^^)v

 

スポンサーリンク

妊娠初期

いつもとなんとなく違う気がして、もしかしたら妊娠しているかも!と思い市販の検査薬をしたところうっすらと陽性反応。

赤ちゃんを待ち望んでいたのでとても嬉しかったです♪

翌日、産婦人科に受診予約のため電話し、前回の月経や今回の月経予定を伝えるとまだ妊娠4週目を過ぎていないのと、陽性反応が薄いということで一週間後病院へくるように言われました。

4週ちょっと過ぎていないと胎嚢の確認が出来ないようで、また改めて来るように言われるみたいですね。

病院へ受診するまでの一週間はとても長く感じました。

やっと受診予約の日。旦那クンと一緒に産婦人科へいき無事胎嚢が確認できました。

ただ、少し大きめの血の塊があるから、激しい運動を控えるようにと言われました。

普段から激しい運動はすることないけど、走ったりしないように気を付けました。

あと、普段からコーヒーや紅茶をよく飲むので、先生にコーヒーや紅茶を飲んでいいか聞いたら

飲みすぎはよくないけど、一日1杯なら全然問題ないよと。言われ安心しました。

先生に、葉酸は取ってね!と言われました。

食事でも葉酸は取れるようですが、ウサ子は簡単に摂取できるサプリメントを飲んでいました。

妊娠する前から葉酸は摂取したほうがいいみたいですね。

妊娠初期の赤ちゃんの成長に欠かせないようです。

2回目の検診。

前回は胎嚢のみだったのに、今回は胎嚢の中にちゃんと赤ちゃんの姿が!!!

心臓も動いていて本当に妊娠しているんだと実感しました。エコー写真がとても可愛いでした。

先生から母子手帳をもらってきていいよと言われその日のうちに市役所へ。

市役所でもらう書類類にお母さん、お父さんへと書いてあったりしてなんか変な感じ♪

妊娠初期はつわりがありました。

人によってつわりがない人もいるようですね。ウサ子は匂いと空腹になると気持ちが悪くなってしまいました。ごま油や歯磨き粉、シャンプーなどの匂いがダメでした。すっぱいのが食べたくなるので梅干しのお菓子を食べていました。

つわりのときは、旦那クンにたくさん助けられました。ご飯も作るのがしんどくてお家で横になっていても、文句も言わず仕事帰りにご飯を作ってくくれたりお弁当を買ってきてくれたり。

つわりでご飯が食べれなくても最初は胎盤(だったかな?)から栄養がいくようなので大丈夫らしいですよ!

また、検査をしたときに風疹の抗体が平均より少ないことが発覚しました。

妊娠初期に風疹にかかってしまうとお腹の赤ちゃんに影響が出てしまうという事でした。

妊娠中は風疹の予防接種ができないので風疹にかからないように徹底的に手洗いうがい、外に出るときはマスクをして、人が多いところに行かないように気を付けました。

旦那クンにも風疹の抗体があるか検査してもらい予防も徹底してもらいました。

スポンサーリンク

妊娠中期

安定期に入ってもまだつわりが続きマイナス4キロ。

さっぱりしたフルーツなら食べれたけど、ご飯は食欲なくてほとんど食べれませんでした。

でも安定期に入ってひとまず安心しました。

そのころには検診も腹部エコーに変わり、旦那クンと一緒に赤ちゃんの様子を見ることが出来ました。ちゃんと自分の目で赤ちゃんを見るようになってからさらに大切にしてくれるようになった気がします♪

妊娠6カ月。そのころにはつわりもおわり性別が判明。男の子でした。

ウサ子は3姉妹で、旦那クンは3人兄弟。

どっちかな~と毎回検診のたびについてるかな?ついてないかな?とドキドキワクワクしてました。

妊娠中期は検診が4週に1回でとても長く感じ、赤ちゃん元気かな?と常に気になっていました。

また、胎動も20週目で感じる事が出来ました。早い人は安定期入ったころから胎動わかったと聞いていたとので不安でしたがちゃんと蹴ってくれました。

つわりも落ち着いて、通常通りご飯も食べれるようになりました。

太ってしまうと産むときに産道が狭くなり赤ちゃんが大変だよと聞いていたので食生活は気を付けていました。自分が食べたものが赤ちゃんの栄養となると考えると自然と体にいいものを食べるようになりました。

スポンサーリンク

妊娠後期

妊娠後期に入り、お腹も大きくなって胎動も激しくなりました。

お腹の赤ちゃんに話しかけるとちゃんと蹴って反応してくれました。

赤ちゃんの名前も考えるのもとっても楽しかったです♪

妊娠後期は、検診が2週に1回で赤ちゃんの顔もはっきりわかってきます。

4Dで見るとさらにはっきりわかり、エコー写真では鼻が高く旦那クン似だねなんて話していました。

後期づわりもありましたが、少しの期間だけでした。

妊娠後期からウォーキングと安産体操を始めました。

病院の先生から1日1万歩は歩きましょう。安産体操を寝る前にしましょう。と言われたので出来るときだけ頑張りました。

おっぱいのマッサージや会陰マッサージは先生の許可が下りてからやり方を教えてもらい始めました。早い時期からすると早産の可能性があるみたいなので先生に確認してからしてくださいね。

スポンサーリンク

産院を選んだポイント

ウサ子は、里帰り出産です。

検診のときの病院は家から近い産婦人科を選びました。

お産をする病院は、慎重に選びました。

知人が出産を経験した病院の事を聞いたり、実際に見学に行き話を聞いたりして病院を選びました。

ウサ子は立ち合い出産が出来るところ、旦那クンが新幹線からすぐこれる場所にある病院、産後は個室希望だったので個室料金が高くないところを重視して選びました。

病院によって、立ち合い出産をする方は、事前に教室で勉強を受けた人だけとか、産後すぐ赤ちゃんと一緒になれるところもあれば、お母さんの身体を休ませるために1日離れるとこもあります。

また、夜寝れないから預ける場合はお金が発生したり…など病院によってさまざまでした。

自分に合う病院を探すのをいいお産をするコツだと思います(^^)

スポンサーリンク

最後に

今はネット社会でいろいろな情報が溢れていますよね。ウサ子も少し心配になると検索魔になっていました。やっぱり病院の先生に聞くことが一番いいと思いますよ。

妊娠中は、マックのポテトが食べたくなるといいますが本当に食べたくなりました(笑)

息子はお空に帰ってしまったけど、お腹に来てくれてからとても幸せを感じ生活することが出来ました。旦那クンとの仲もさらに良くなりました。

ありがとう。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました