チャチャの膿瘍と眼振。

うさぎ

こんにちは!ウサ子です。

 

お家で飼っているウサギのチャチャ。

耳の奥(根本らへん)に膿が溜まってしまい眼振を発症。現在通院中です。

早く気付いてあげられたよかった…と後悔していますが、今は回復に向けお世話しているところです。

スポンサーリンク

症状

ある日ふとチャチャのほうを見ると、頭が左右に揺れていました。

最初は何だろう?と思って近づいてみたら、眼球も左右に揺れていて、眼振を疑いました。

眼振はもともとウサギの病気で知っていたのですぐわかりました。

いつもの病院へすぐ連れて行き、チャチャの診察をしてもらいました。

症状を先生に見せれるように頭が揺れているところをムービーを撮っていたので先生に見せると、眼振起こしているね。と…

まだ、ローリング(横にバタンと急に倒れたり、横に倒れたままグルグルまわったりする症状)をウサ子が見る限りでは起こしていないことも伝えました。

すぐ、細菌と寄生虫の検査をすることに。

エンセファリトゾーンという寄生虫により眼振や耳の炎症、ローリングを起こすウサギは多いと聞いていたのでこの寄生虫かもしれないと思っていました。

検査結果は、細菌も寄生虫も違いました。

耳の中を見たときに、膿が大量に溜まっていて、ひとまず応急処置として膿を綿棒で取り出しました。よく検査すると、膿が鼓膜を圧迫し鼓膜が破れていました…。

鼓膜が破れ、膿が神経を傷つけて?しまって眼振や頭が揺れていた事がわかりました。

でもどうして大量に膿が溜まってしまったのかはわかりませんでした。

先生から、こんだけ膿が溜まっていたからチャチャちゃんも気持ち悪かっただろうね(汗)と。

食欲もいつもと変わりなかったし、今までこんなことなかったから本当に気付いてあげられなかった事がショックで、チャチャに申し訳なかったです。

スポンサーリンク

治療方法

細菌やエンセファリトゾーンによる寄生虫の場合は、原因がわかっているので発見時の症状にもよりますがこの病気を治すことが可能みたいです。

でもチャチャの場合は、これといった原因がわからなかったので先生からずっとこの病気と付き合っていくことになるかもしれない。完治は難しいと思っていてください。と言われました。

ひとまず、抗生物質が入った飲薬を1日2回 朝と夜に、点耳薬を1日1回 夜に投与。

食欲がないときは栄養食をあげ、様子を見ることになりました。

1週間後 再検査をし、薬の効き目を見て治療方法を決めましょうとの事でした。

薬はリンゴ味で美味しかったのか、ごくごく飲んでくれて苦労しませんでしたが、点耳薬はとても嫌がり点耳薬を見た瞬間逃げ回ってとても大変でした。

もし、この薬の効き目がなかった場合は、膿が溜まった袋を切開し、膿をかき出して抗生物質や消毒液で洗浄するという治療方法で進めていきましょう。と…

聞いただけで痛そうな治療法でした(:_;)

膿瘍といってウサギがよくかかる病気でこの治療法が一般的だそうです。

ですがチャチャの場合、耳の根元だったのと鼓膜が破れていることもあり、ウサギは耳の奥に神経がたくさん通ってるので出来るだけ切開しないで治療していきたいという事でした。

スポンサーリンク

経過

薬を投与し、1週間たちふたたび病院へ。

眼振は全くないわけではなかったけど、確実に減っていました。

いつものように健康チェックをしたあとに、耳の中を見てみると膿はほとんど出ていなくて切開するまでもないとのことでした。

でも全く出ていないわけではないので、このまま抗生物質の飲薬と点耳薬を投与していく形になりました。

でもそこからが長いでした。

1週間おきに通院し、1カ月半。

やっと膿が出なくなり2週間後、最後にチェックし膿が出ていなかったら完治と思っていいでしょう。その間は、薬の投与はせず普段通りお世話してください。という事と、様子がいつもと違ったらすぐ病院に連れてきてください。と言われました。

そして、2週間後再び病院へ。

膿が出ていないことを願いましたが、残念ながらほんのわずか膿が出た為、またお薬の投与と1週間おきに通院することになりました。

スポンサーリンク

現在

病気が発覚し約半年がたった今は点耳薬のみ投与して1週間おきに通院しています。

鼓膜が破れていることに早く気付いてあげられなかったことが本当に申し訳なく、ショックで当時は落ち込んでしまいました。

また、検索魔になってしまい眼振がひどくなるとローリングや斜頸も発症してしまい、悪化すると一人で生活することが不自由になることなど。調べれば調べるほど最悪な展開を考えてしまい不安で涙が止まりませんでした。

ですが、ウサ子が出来ることは薬をあげること、チャチャの健康チェックや普段の様子を異常がないかを見守ること、何かあればすぐ病院に連れて行くことです。

 

なんで眼振・膿瘍が発症してしまったのか、ウサ子も先生もわかりません。

ただ、眼振を起こしたちょっと前に、一緒に実家に帰っており約5時間ほど新幹線や電車による移動、実家での生活など、少なからずストレスがあったのは間違いないと思います。

今までも新幹線移動や実家に連れて行くこともあったので、大丈夫と思っていましたが、チャチャももう9歳で高齢うさぎです。ちゃんと年齢の事も考えて行動しないといけないなと反省しました。

 

完治するかはわからないけど、少しでも良くなるように頑張っています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました