営業の仕事がつらい。相手はあなたを嫌ってるわけじゃありませんよ。

ブログ

こんにちは!ウサ子です(^^)/

今回は旦那クンの仕事である営業について書いていこうと思います。

ちなみにウサ子には全く営業のことはわからないので、旦那クンに聞いた話をまとめてみました(^_^)

スポンサーリンク

営業の仕事は過酷というイメージ

皆さんは営業という仕事についてどんなイメージをお持ちですか?

・外周りがきつそう

・数字のノルマが大変。

・飛び込み営業は無視されそう。

まだまだたくさんありそうですが、世間的には大変で過酷という印象が強そうです。

実際旦那クンに聞いてもノルマやクレーム、相手にひどいこと言われるなど色々あるみたいです( ;∀;)

SNSにもたくさん声が上がってます。

自分で契約を取ればお給料がいいのはわかりますが、やはり数字に追われれるストレスがきついのかなと思います。

こういう時はどんな風に考えてるのか旦那クンに聞いてみました。

スポンサーリンク

数字は後からついてくる

実際、旦那クンは一か月で一件しか契約が取れない月がありました。

ただ取れない理由を考えはするものの焦りやストレスを感じてるようには見えませんでした。

(実際はどうか分かりませんが)

本人的には

「初めてすぐにバンバン契約とれるわけない。愚直にさえやれば数字は必ず後からついてくる」

と言ってました。

焦るとどうしても契約取らなきゃみたいなものが相手に伝わるみたいです。

それが相手に気づかれたらアウト。

押し売りに感じ、契約は取れません。

やはりある程度心に余裕が必要みたいですね。

スポンサーリンク

相手はあなたを嫌ってるわけじゃない

飛び込み営業している方だと特にきついのが邪魔者扱いされているような相手の一言。

これはストレスの大きな原因かと思います。

なかなかハードなことを言われたことがある方も多いんじゃないですか?

言われた方は次に行くとこでも

「同じこと言われたらどうしよう」

とか考えて動けずに車にこもったり、公園で時間潰したりしてないですか?

旦那クンも言われたことあるみたいですが、あまり気にしないようにしてるみたいです。(強心臓なのか、バカなのか…)

旦那クンいわく、相手は自分に怒ってるわけではないとのこと。

前に行った営業マンが相当失礼であまりいい印象がなかったり、

もともと営業マン自体が好きじゃない方もいるみたいですね。

なので、考え方をかえてみましょう。

中には優しく話を聞いてくれる方もいませんか?

みんながみんなあなたを怒鳴るような方ばかりじゃないありませんし、

そもそも初対面のあなたのことを嫌いで怒鳴ってるわけでもありませんよ!

ちょっとは楽になりませんか?

スポンサーリンク

営業マンは話すな!!

新人営業マンがやりがちなのは覚えた営業トークを一生懸命話そうとすることみたいです。

特に飛び込み営業みたいにいきなり知らない人から急に

「この商品いいから契約しませんか?」

と言われてあなたは契約したくなりますか?

なりませんよね。

話したい気持ちを抑えて、相手のニーズを引き出すことが一番大事なんです。

こっちは話さず相手にどんどん話してもらえるような流れを作るんです。

あなたは商品の話をするのはもっと先なのです。

もっと言いたいことはあるのですが、

あまり話しすぎると長くなるので今回はここらでやめときます。(笑)

スポンサーリンク

最後に

営業の仕事って大変かと思いますが、色々なとこで使われてるんですよね。

飲食店にいったとき、店員さんにおすすめのメニューを聞く。

あなたはそこでおすすめのメニューの話を聞き注文する。

これも店員さんがあなたに営業かけて商品を買ってもらった。

形は少し違うかもしれませんが、これも一種の営業です。

恋愛もそう。(これも話すと長いので割愛します…笑)

深いですね。

大変なときは多い仕事かと思いますが、自分の力でのし上がることができるのも営業職の良さかと思います。

あまり自分を追い詰めることなく、

うちの旦那クンみたいに気楽に考えてみてはいかがでしょうか?

トップセールスマンになれることを願ってます(^_-)-☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました