東京和菓子店 木津屋 冷蔵庫に娘の遺体 父親の名前や顔画像?犯行動機は?

ニュース・事件

東京都荒川区にある和菓子店「木津屋」で発生した事件。

この木津屋にある冷蔵庫から

女子大学生の遺体が見つかりました。

6日夜から連絡が取れなくなっていた

父親がさいたま市内で首を吊った状態で

7日朝早く、遺体で発見されました。

この事件の内容やなぜ事件が起こってしまったのか経緯や動機、木津屋についてしらべていきます。

 

スポンサーリンク

事件の内容

 東京・荒川区で和菓子店の冷蔵庫から女子大学生の遺体が見つかった事件で、6日夜から連絡が取れなくなっていた父親がさいたま市内で7日朝早く、遺体で発見されました。

7日午前1時前、荒川区にある和菓子店の業務用の冷蔵庫から大学1年の木津いぶきさん(18)の遺体が見つかりました。

警視庁によりますと、6日夜、店を経営する父親から家族に「娘を店で切った、死にたい」と電話があり、捜査員が冷蔵庫で遺体を発見しました。

近所の人:「すごくいいんじゃないの家族は。(父親は)まじめな人。朝早く来て、夜遅くまで働いている」

その後の捜査関係者への取材で遺体の首には強く押さえ付けられた痕があったことが分かりました。

そして、7日午前5時前にさいたま市岩槻区で父親が首をつった状態で遺体で見つかりました。警視庁はいぶきさんの死因の特定を急いでいます。

(出典元:All Nippon NewsNetwork(ANN) )

 

東京都荒川区にある和菓子店「木津屋」の冷蔵庫で亡くなっていたのは、木津いぶきさん(18)。

この和菓子店の経営者が父親の木津英喜さん(43)。

父親の英喜さんは埼玉県いたま市岩槻区で首をつって亡くなっています。

 

英喜さんがいぶきさんを殺害し、死体を遺棄したとして捜査中。

スポンサーリンク

事件が起こった木津屋について

東京都荒川区東尾久4丁目にある

和菓子屋「木津屋」ということでした。

マップで調べたところ

東京荒川区東尾久4丁目33番地に一角にありました。

 

木津屋の食べログでの評価も良く、老舗の和菓子店だったようです。

現在、木津屋の食べログに掲載されているページは削除されていました。

(画像元:食べログにて)

明治神宮献上の羊羹や長崎カステラが売りのようです。

その他にも大福などの和菓子を販売していたようですね。

 

スポンサーリンク

木津いぶきさんを殺害したのは父親?

6日午後6時35分ごろ、

木津いぶきさんから弟に

「父が自殺しようとしている」

110番通報があり

その後に、父親から自宅に

「娘を菓子店で切った。死にたい」

と電話があったようです。

通報を受けた捜査員が父親を探していたところ、店内の業務用冷蔵庫(高さ85センチ、横140センチ、奥行き73センチ)の中から木津さんを見つけました。

木津いぶきさんはひざを抱えるような体勢でした。

首に絞められたような痕があり、

目立った切り傷や刺し傷は確認されなかったようです。

 

警察は、父親がいぶきさんを殺害して冷蔵庫に遺棄したとして捜査を進めているようです。

 

スポンサーリンク

いぶきさんや父親の写真は?

亡くなった娘のいぶきさんの顔画像は公開されていました。

  • 木津 いぶきさん
  • 18歳
  • 大学1年生
  • 荒川区東尾久8丁目在中
  • 父と母、弟の4人家族

 

(出典:FNN)

父親は、木津英喜さん(43)。

現在顔画像は公開されていませんでした。

 

ただ、父親らしき人物が

ストリートビューに映りこんでいると

SNSで投稿されていました。

 

 

近所の方は、

父親の事を

「すごく優しくて回りから慕われている感じ。みんな頼りにしていた」、「まじめな人だよ。朝早くから来て夜遅くまで働いている」

と話しています。

 

スポンサーリンク

事件はなぜ起こったのか?動機や経緯

事件に関わっていたいぶきさんも父親も亡くなっていることや、遺書などが残されていないことから詳しい動機や経緯は分かっておりません。

 

現在公表されている流れです。

6日午前中、

家族4人自宅(荒川区東尾久8丁目)に居たことが確認

(自宅から和菓子店「木津屋」まで約10分ぐらいの距離)

6日午後6時35分ごろ、

いぶきさんの弟から「父が自殺しようとしている」と110番通報。

6日夜(時間不明)

父親から家族に「娘を店で切った。死にたい」と電話があった。

7日午前0時50分ごろ、

捜査員がお店の冷蔵庫の中からいぶきさんの遺体を発見。

7日午前4時45分ごろ、

さいたま市岩槻区の河川敷で捜索中の父親が木に首をつった状態で発見。

事件のあった6日は、

和菓子店は通常通り営業していたが、

いつもより店を閉めていたようです。

この和菓子店をよく訪れる70代女性は、

事件当日もこの店であんみつを購入したようです。

その際、父親から「雨だから気を付けて」と言ってくれたと話し、父親に変わった様子はなかったといいます。

 

また、報道では6日、いぶきさんはアルバイトに行ったはずなのにアルバイト先には出勤していなかったという事です。

まだ、謎が多いこの事件。

こんなことになってしまい一体何が起こってしまったのでしょうか。

 

スポンサーリンク

最後に

親が子供を殺めてしまうという、とても悲しい事件が起こってしまいました。

家族にしかわからない問題があったのでしょう。

 

いぶきさんが大学1年生ということや

和菓子屋の経営が苦しかったり

借金があったり、金銭的な事だったかもしれません。

 

また、親子喧嘩からカッとなって殺害してしまったのかもしれません。

 

どんな理由があったとしても

こんな事件が起こってしまい

非常に悲しいです。

残された母親と弟を思うと言葉がありません。

ご冥福をお祈り申し上げます。

 

以上、最後までお読みいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました