原田英一郎 障害のある少女誘拐 自身も知的障害者で前科有 顔画像は?

ニュース・事件

重度の障害を持つ15歳の少女を誘拐したとして、29歳の男が逮捕されました。

逮捕されたのは、原田英一郎容疑者(29)。

原田容疑者は、過去にも重度の知的障害がある少女を誘拐しており前科があります。

また、原田容疑者自身も障害があるとみられているという事です。

 

この事件について詳しい内容や、原田容疑者のプロフィールや顔画像、過去事件について調べていきます。

スポンサーリンク

事件の内容

神奈川県藤沢市の商業施設から、重い知的障害のある15歳の少女を連れ出し誘拐したとして、警察は24日夜、29歳の男を逮捕し、少女を保護しました。

この事件は今月20日、藤沢市の商業施設で、家族と買い物にきていた重い知的障害のある15歳の少女が行方不明になったものです。

家族が近くの交番に届け出て、警察が捜査していましたが、24日夜、およそ15キロ離れた横浜市内の団地で少女を発見、この家に住む原田英一郎容疑者(29)を未成年者誘拐の疑いで逮捕しました。

原田容疑者にも障害があるとみられ、警察が少女を発見した際、家には原田容疑者の祖母と母親もいたということです。

原田容疑者は調べに対し、「初めて会った人で、15歳だとは思わなかった」と容疑を否認していて、警察は少女を連れ去った経緯などを調べています。

(出典元:JNN)

15歳の少女は、特別支援学校に通う重い障害があります。

ケガはなく無事保護をされ本当によかったです。

スポンサーリンク

原田英一郎容疑者のプロフィール

名前原田 英一郎(はらだ えいいちろう)
年齢逮捕時29歳
住所横浜市港南区笹下

職業不詳
容疑未成年者誘拐の疑い

顔画像は公開されていませんでした。

原田容疑者が障害があることから、今後も顔画像は公開されないと思います。

スポンサーリンク

誘拐現場

少女が誘拐された場所は、

藤沢市辻堂神台にあるショッピングセンター

テラスモール湘南』という事です。

 

少女は、横浜市から家族と買い物に来ていたところ、原田容疑者に誘拐されたことがわかっています。

家族が近くの交番に届け出て、
警察が捜査し24日無事保護されました。

スポンサーリンク

原田容疑者の自宅や家族構成は?

原田容疑者の自宅は、テラスモール湘南からおよそ15キロ離れた場所にある横浜市港南区笹下にある団地』という事がわかっています。

 

報道されていた団地はこちら↓↓

(画像元:NNN)

 

横浜市港南区笹下にある団地をグーグルマップで調べてみました。

複数あり、自宅は特定できませんでした。

 

この自宅で24日夜、少女が発見されました。

家には原田容疑者の祖母母親もいたということが報道されています。

祖母と母親と同居していながら、なぜ少女が自宅にいることを警察に通報しなかったのか不可解です。

過去にも同じような事件を起こしているので発覚を恐れて通報しなかったのでしょうか。この過去の事件については後ほど詳しく説明します。

 

スポンサーリンク

犯行動機や経緯は?

原田容疑者は調べに対し、

「初めて会った人で、15歳だとは思わなかった」

「女子生徒と部屋にはいたが、誘ってはいない」

と容疑を否認しているようです。

 

警察が付近の防犯カメラの映像を解析するなどし、女子生徒と一緒に歩く男の姿が写っていたことなどから男が事情を知っているとみて行方を捜査していました。

現在、警察は少女を連れ去った経緯などを調べているということです。

 

わいせつ目的で少女を誘拐したのでしょうか。

スポンサーリンク

過去の事件

原田容疑者は、今回と同様の少女を誘拐する事件を過去犯していることがわかりました。

14歳の少女をホテルに連れ込んだとして、わいせつ目的誘拐罪に問われた横浜市港南区、無職原田英一郎被告(21)の判決公判で、横浜地裁(家令和典裁判長)は5日、求刑通り懲役1年6月を言い渡した。

弁護側は「わいせつ目的もなく誘拐もしていない」として無罪を主張していたが、家令裁判長は判決で「被告は約30分間少女を観察した上で声を掛けており、少女が重度の知的障害があることを認識。

被告に知的障害がある点を考慮しても、一緒に遊びに行ってもらえると誤信したとは認められず、犯行は悪質」と指摘した。

さらに「自ら宿泊料金を払ってホテルの部屋に入り、少女を入浴させた浴室内に避妊具を持ち込み開封したことからすると、わいせつ目的を有していたと推認される」とした。

判決によると、原田被告は昨年4月1日、横浜市港南区のスーパーで、家族と離れて1人でスーパー内の書店にいた少女を見かけ、わいせつな行為をしようと誘拐を企て、声を掛け、同区内のホテルに連れ込んだ。

(出典元:神奈川新聞)

 

原田容疑者が、21歳のときに今回と同じように未成年の障害のある少女を誘拐しています。

なんとこの時の判決は懲役1年6カ月。

原田容疑者自身にも障害があることが理由のようです。

 

この事件の判決の甘さが今回、同じ事件を繰り返してしまったのではないでしょうか。

スポンサーリンク

顔画像が公開されない理由は?

原田容疑者は顔画像が公開されていません。

理由は、原田容疑者が知的障害があるという事だと思います。

 

刑事事件弁護士ナビで調べたことろ、

実名報道されない理由の一つに『精神障害者である場合』とありました。

精神障害者である場合

被疑者が精神障害者で心神喪失状態であった場合は、刑事責任能力がないと判断され、匿名報道される可能性があります。ただし、麻薬を使っていた場合や犯罪が凶悪だった場合は例外です。

(出典元:刑事事件弁護士ナビ

 

このことから、今回の事件も過去の事件でも顔画像が公開されていないのだと思います。

同じような事件を繰り返しているのだから…とは思ってしまいますが。

スポンサーリンク

ネットの声は?

ネットではどのようなコメントが寄せられているのか見ていきます。

Yahoo!ニュースJNNのコメントを一部掲載しています。

容疑者も障害があって、障害がある息子がいきなり女の子連れてきてもアクション起こさない祖母と母親もきっと。。。

 

また、同じこと、繰り返すから、本人、家族もしばらく、警察か、児相にお泊まり頂いて、処置しないと、被害者増えるよ。

 

家族全体への支援や指導が必要ですね。

 

15歳に見えなかったら連れ去って良いわけじゃないし、ご家族の人もなんか変。。
なぜ警察に通報しなかったのか疑問です。
この男にも障害があるそうですが、ご家族として認識が甘かったのではないでしょうか。
このような事件で「障害者=怖い」というイメージがより濃くならないことを願います。

 

容疑者、容疑者家族も重篤な障害者だったのでしょう。

(引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20190725-00000026-jnn-soci)

スポンサーリンク

最後に

ネットの声でもあるように

一緒に暮らしていた祖母や母親のことが気になります。

なぜ、障害のある息子が少女を連れ込んでいても、何も行動しなかったのでしょうか。

しかも誘拐された少女も知的障害があることがわかっているのに何故?

過去にも同じ事件を繰り返していたため、発覚を恐れ通報することをしなかったのでしょうか。

保護者としての立場を放棄しているよう思えます。

 

過去の事件では、障害があるため判決が1年6カ月ということでした。

遊びのつもりだったと否定していますが、ホテルに連れ込んで自らお金も払っているし少女を浴室に連れ込み避妊具も開封。

この時にきちんと処罰をされていれば、今回のような事件は防ぐことが出来たのではないでしょうか。

 

今回の動機ははっきりしていませんので、わかりませんが今回もわいせつ行為目的でゆうかいしたのでしょうか。

 

以上、最後までお読みいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました