台風6号 2019 天気・進路予想 花火大会や飛行機運行について

ブログ

26日午前9時、紀伊半島の南で熱帯低気圧が台風6号に変わったことが気象庁より発表されました。

台風6号は今後、北上し、27日~28日に本州に接近、上陸の恐れがあるようようです。
気象庁の発表によると
26日9時現在
台風6号「ナーリー」
 中心気圧1000hPa
 中心付近の最大風速18m/s
 最大瞬間風速25m/s

 


夏祭りや花火大会の開催が予定されていたり、子供たちは夏休みの為海水浴など計画していた方など居ると思います。

週末にかけての進路予想を調べていきます。

スポンサーリンク

東海関東地方に接近

27日から28日に東海や関東に接近・上陸する恐れがある。

暖かく湿った空気が流れ込み、26日夜から大雨や強風、高波、落雷に注意が必要という。

(出典元:時事ドットコム)

スポンサーリンク

天気予報

 

(出典元:時事ドットコム)

27日午前6時までの24時間予想雨量は多い所で、
東海150ミリ、関東甲信80ミリ、伊豆諸島50ミリ。

その後、28日午前6時までの24時間予想雨量は多い所で、
東海100~200ミリ、甲信100~150ミリ、関東50~100ミリ、伊豆諸島50ミリ。

27日にかけての最大瞬間風速は東海と伊豆諸島で25メートル、
波の高さは東海と関東、伊豆諸島で4メートルと予想される。

(出典元:時事ドットコム)

NHK最新天気予報 
NHKによる最新の各県の天気予報が確認いただけます。
NHKニュース公式サイト
スポンサーリンク

波の予想、うねり注意

26日(金)午後から徐々に、四国〜関東南岸にかけて、波が高くなると見られます。
27日(土)には4〜5mのしけとなるおそれがあります。

北日本太平洋沿岸でも、次第にうねりを伴った波がやや高くなるため注意が必要です。

うねりは、風によって発生する風浪に比べて波長や周期が長いため、水深の浅い海岸付近では海底の影響を受けて波が高くなりやすいという性質を持っています。

そのため、沖合から来たうねりが海岸付近で急激に高波になることがあり、波にさらわれる事故も起こりやすいので注意が必要です。

(出典元:ウェザーニュース)

夏休みに入ったので、海水浴へ家族や友人と出掛ける予定の方もいると思います。

四国から関東沿岸の海水浴は控えた方がいいようです。

スポンサーリンク

気象庁 台風情報

最新・気象庁予想はこちらから確認いただけます。

気象庁公式サイト

最新情報を確認いただけます。

スポンサーリンク

飛行機の運行状況

各航空会社の運行状況を載せておきます。

JAL(国内)運行状況 HP
JAL(国際)運行状況
ANA運行状況  HP
AIR DO運行状況  HP
スカイマーク運行状況  HP
スターフライヤー運行状況  HP
ジェットスタージャパン運行状況       HP
ピーチ運行状況    HP
ソラシドエア運行状況    HP
スポンサーリンク

花火大会について(東京・千葉・神奈川)

令和になり1回目の花火大会ですが天気が気になりますね。

東京

27日開催 『隅田川花火大会』

Twitter公式サイトより最新情報確認いただけます。

 

27日『八王子花火大会』

(公社)八王子観光コンベンション協会のホームページにて確認いただけます。

天候次第では、中止か28日へ延期になる可能性もあるようです。

 

27日『立川まつり国営昭和記念公園花火大会』

すでに27日の開催は中止が決定されています。28日に延期するかどうかは28日午前7時に発表される予定です。

Twitter公式サイトFacebookでご確認ください。

神奈川

27日『第31回なぎさの祭典「夏!! 大磯!! 祭!!」』

神奈川県中郡大磯町ホームページTwitterから確認いただけます。

千葉

27日『旭市いいおかYOU・遊フェスティバル2019海浜花火大会』

公式サイトで確認いただけます。

 

27日『富津市民花火大会』

開催については27日午前6時に発表されるようです。

公式サイトTwitterFacebookにて確認いただけます。

 

27日『浦安市花火大会』

順延・中止の決定は、本日夕方から7月27日(土)午前9時までに発表されるようです。

公式サイトFacebookで確認いただけます。

27日『山武市サマーカーニバル』※中止決定

花火大会は中止が決定されています。

山武市のホームページから確認いただけます。

 

27日『おおあみしらさとの花火』

大網白里市のTwitterより確認いただけるかと思います。

 

スポンサーリンク

台風の名前

今回の台風の名前は「ナーリー」です。

「ナーリー」は韓国が用意した名前で「百合」という意味だそうです。

 

台風の名前はどのようにして決められているのか調べてみました。

台風の名前は、「台風委員会」(日本含む14カ国等が加盟)などが提案した名前が、あらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。

準備された140を繰り返して使用(140番目の次は1番目に戻る)されますが、大きな災害をもたらした台風などがあると、加盟国からの要請によって、その名前を以後の台風では使用しないように別の名前に変更することがあります。

(出典元:https://tenki.jp/)

元々、台風の名前が用意されていて繰り返し使用されているんですね!

台風が発生したたびに考えられているものかと思っていましたが、全然違いましたね。

スポンサーリンク

最後に

西日本では今日の夜から天気が崩れるところもあるようですね。

東海や関東は次第に雨が降り夜には激しく降る恐れもあり、北陸や東北南部は晴れるが東北北部や北海道は雨が降る所が多くなりそうということでした。

週末にかけて、花火大会が開催される地域も多いのではないでしょうか。

すでに中止が発表されている花火大会もありました。

また、夏休みに入りマリンスポーツに出掛けるご予定の方もいるかとは思いますが、台風圏内の地域にお住みの方は今週は控えた方がよさそうですね。

今後も台風情報を随時確認し今後に備えましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました