加藤浩次 一連の騒動を謝罪 辞める詐欺? 吉本は辞めない?今後は?

エンタメ・芸能

宮迫博之さんと田村亮さんの謝罪会見で明らかになった吉本興業の闇の部分。

加藤浩次さんがMCを務める朝の情報番組『スッキリ』で「経営陣が刷新されなければ吉本を辞める」と発言したことで大きな騒動となりました。

その後、吉本興業が記者会見を開きましたが、失敗ともいえるグダグダ具合。

加藤浩次さんは、会長と直接会って話をし、平行線のまま退社については保留という結果に。

26日、加藤浩次さんはスッキリで騒動が拡大している現状について謝罪しました。

この件について詳しい内容や加藤浩次さんの今後について調べていきます。

 

スポンサーリンク

加藤浩次さん「吉本辞める」発言

20日、宮迫博之さんと田村亮さんが2時間半にわたって記者会見を行いました。

 

会見が行われた日が土曜日だった為、週が明けた月曜日の22日に朝の情報番組『スッキリ』で加藤浩次さんが事の発端となった「吉本、辞める」発言をしました。

宮迫さんと田村さんの謝罪会見で明かされた、吉本興業の岡本昭彦社長が「お前(田村)一人でも辞めて会見したらええわ。やってもええけど、全員、連帯責任でクビにするからな」と発言したことなどに言及。

加藤さんは「岡本さんをよく知ってますけど、そういうことをする人」とし、若手や社員に対し「恫喝みたいなことを言う人」との印象を述べました。

そして「でもこんなときには助けてくれる人だろうって俺は思ってたけど、そうじゃないんだ、そのままなんだって」と不信感を持ったと発言。

その後も「若手芸人らは大崎洋会長や岡本社長を恐れているとし、これからもその状況が続くと思ったら、僕はこの会社にいれない。僕は辞めます。今の社長、会長の体制が続くんだったら。僕は吉本興業を辞める」と自らの進退について言及しました。

一緒にスッキリのMCを務める同じ吉本芸人のハリセンボンの近藤春奈さんも涙ながらに会社の在り方について訴えていました。

 

加藤浩次さんも春菜さんも涙ながら熱く吉本興業について語っていました。

まだ、吉本興業側はなにも言っていない段階、宮迫さんたちだけの意見でここまでゆうのは、生放送のMCとしてどうなのかな?とも思いましたが…。

スポンサーリンク

吉本興業の記者会見について加藤浩次さんは?

加藤浩次さんが「吉本辞める」発言をした同日午後、吉本興業の会見が行われました。

なんと会見は5時半にも及ぶ会見で、私も見ていましたがなんともグダグダで見ていてスッキリしない会見でした。

23日、会見後のスッキリでは加藤さんは番組冒頭で、社長の会見について「こういったお笑いもあるんだって教えられてるのかな」と皮肉混じり語りました。

「何でこんなグダグダなんだ?って思いました。途中から、2時間半くらい経ってからでしょうか、こういったお笑いもあるんだって教えられてるのかなって。あんなパターンの笑いを見たことなかったので、ちょっとびっくりしました」

と皮肉交じりの感想を番組で述べていました。

 

スポンサーリンク

大崎会長との会談

加藤さんは23日のスッキリで自身の進退について、

「今日の夕方から大崎洋会長と話をすることになっている」と会談することを明かしました。

「僕は気持ちとしてはもう決まっている」、

「僕は取締役が代わらない限り会社を辞めるって昨日言ったので、その旨を伝えようと思っています。僕がこの芸能界でどうなるのかっていうのは、それからかなと思っています」

と退社の意志は変わらないことを示していいました。

大崎会長との会談は、同日午後5時48分ごろ吉本興業東京本部にて約3時間にわたり行われました。

翌日24日のスッキリにて会談の内容について説明しました。

加藤さんは、大崎会長が「自分の体制でなんとか吉本を変えていきたい」と話し、「改革案みたいのも聞いた」と明らかにした。

それに対し加藤さんは「宮迫(博之)さんと(田村)亮の会見と、岡本(昭彦・吉本興業)社長との会見と、まだ、齟齬(そご)がある」として、「芸人側の意見として言ったが、やっぱりそこに、合致点がなかなか見つからなかった」と、話し合いは平行線に終わったと説明した。

加藤さんは「今後も大崎会長との話し合いを続け、番組で伝えたい」と語った。

(出典元:毎日新聞)

 

加藤さんは大崎会長と話し合いをしましたが、大崎会長は話を持ち帰った形になり平行線のまま何も変わりませんでした。

 

加藤浩次さんは、吉本興業が変わる為に行動を起こしていてとてもすごいと思いました。

相当な覚悟がないとこういった行動・発言はできないと思います。

加藤浩次さんには相方もいるので、勇気のある行動だったのではないでしょうか。

スポンサーリンク

加藤浩次さんが謝罪

加藤浩次さんは、26日スッキリの放送で退社発言を「僕がこういうことを発言したことで事が大きくなっていることは、本当にお詫びと謝罪したいと思っているんです」と謝罪しています。

「会社がいい方向に向かうことは本当に僕も賛成なんです」とし、退社発言を「覚悟して言っています」と明かし、「ただ吉本が変わらなくていいとか、オレが出ていくから関係ないとは思ってないです。どういう風にいい方向に変わっていくんだろうってしっかり見届けて意見できるときにしていきたいと思う」と自身の気持ちを述べていました。

宮迫さんと田村さんが会見してからは、ネットでは賛否両論、様々な声があります。

応援する声や批判する声、加藤浩次さんが退社保留をしたことで”辞める辞める詐欺”などと言われています。

スポンサーリンク

現在は和解に向けて話し合い

26日、加藤浩次さんの相方の山本圭壱がパーソナリティを務める宮崎サンシャインFM「極楽とんぼ山本圭壱のいよいよですよ」(金曜、後10・00)に生出演しました。

”辞める”発言は「あの時は熱くなった」と反省して冷静に和解に向けて話し合いをしていることを明らかにしました。

22日の日本テレビ系「スッキリ」で、経営陣が刷新されなければ、吉本を「辞める」と宣言したことについて、「あの時は熱くなった部分もある」「あの時はそういう気持ち(だった)」と発言。かなりトーンダウンした心境になっていることが明かされた。

「スッキリ」での発言は“加藤の乱”と大騒動となり、加藤は23日に大崎洋会長と会談。

山本から「どうなってんの、吉本さんと」と現状を質問されると、「あの時、熱くなった部分もあるから。冷静に話していこう、と。

まだまだ全然時間かかりますよ。僕が(辞めるなどと)言った、っていうのは、僕の責任で、僕も悪いところあるから」と反省。

「あのときはそういう気持ち。どういう風に和解になるか分かりませんけど、時間かけて話をしようと思ってますよ」とすっかり落ち着いた様子で語っていた。

(出典元:デイリースポーツ)

 

スポンサーリンク

最後に

ネットでは批判の声も結構ありますよね。

言うだけ言って何も行動しない芸人さんが多い中、
加藤浩次さんは自分が辞める覚悟をして行動・発言しています。

テレビに出る人間として少し感情的になりすぎたのかもしれませんが、同じ仲間があのような立場にいるときに今回のように勇気のある行動・発言ができるこってとてもすごいことではないですか?

なので私はとても素晴らしい方だな、やっぱり熱い男だなと感じました。

退任を求める事が正解だったかどうかはわからないですが…。

 

生放送であの発言をしたことや、まだ宮迫さんと田村さんの会見しか見ていない状況で吉本興業の事を批判していたので…。

ネットから厳しい声があがるのもわかるような気がします。

 

全ての原因は、宮迫さんから始まった『嘘』によるものです。

吉本興業が会社としていい方向に進みますように。

 

以上、最後までお読みいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました