九州北部の大雨で警戒レベル5,被害状況や現地の様子は?死亡者も?河川氾濫でヤバい!

ニュース・事件

九州北部に大雨が降り続いています。

佐賀・長崎・福岡では、警戒レベル5の

命の危険に関わるレベルの警報が発令しております。

 

避難中の男性が死亡したとのニュースも報じられています。

 

27日から28日にかけて、

雨が非常に強く降り続いたせいで

各地の河川が氾濫していたり、

また、氾濫水位を超えていて

今にも決壊寸前だといいます。

 

九州北部以外にも、

この大雨全線が移動して

大分、山口、広島、静岡、岩手にも大雨による被害が出ていたり、これから雨が強く降る予想がされています。

 

28日12時時点の現地の様子を調べていきます。

 

スポンサーリンク

JR佐賀駅が浸水

27日から28日かけて降り続いた強い雨のせいで、JR佐賀駅周辺が浸水しています。

駅構内まで雨水が入り込んでいます。

佐賀駅の周辺を調べてみると

市役所などあることから中心地であることがわかります。

&

街中が広範囲にわたり浸水している様子がわかります。

雨が膝の高さまで冠水していたり、

駅構内では裸足で歩いている方もいるようです。

 

こんな中、会社に出勤しなければならない方たちもいるようです。

ケガ、事故等十分に気を付けて欲しいです。

スポンサーリンク

佐賀県武雄市の様子

佐賀県武雄市の様子です。

武雄市には武雄川という川が流れて入て、その川も氾濫しているようです。

 

 

佐賀県武雄市では、車が隠れるぐらい冠水している模様。

28日9時前後の様子のようです。

流れがとても速いし、危険な事がわかります。

TSUTAYAなど周辺のお店はもちろん休業。

被害金額もヤバそうです。

陸上自衛隊が派遣されたようです。

自宅2階に避難しているようですが、

このまま雨が強く降り続くと危険ですよね。

外がこんな感じだと、避難も怖いですよね。

いち早く救助されますように。

スポンサーリンク

人的被害も発生

 

佐賀県では、男性1名死亡、女性1名重傷という人的被害もでています。

死亡した男性(50代)は、被害が大きい武雄市で軽自動車で避難しているところ流されたようです。

近くの水田で男性の車が見つかり、

心肺停止の状態だったようです。

その後、死亡が確認されました。

 

重体の女性は、

佐賀市水ケ江3丁目の水路で通行人から119番。

女性(60代)が乗ったまま車が沈んでいたようです。

 

福岡県八女市でも非難途中の男性(70代)が行方不明になっていたようです。

この男性も車内から発見されたようですが、

心肺停止の状態のようです。

 

避難中の方々が被害に遭っているようです。

 

下手に動かないほうがいいのかな…。

でも早めに避難しないと怖いですし…。

自衛隊や消防士が助けに来てくれたらいいですが、限られていますもんね。

スポンサーリンク

警戒レベル5が発令

佐賀県と福岡県、長崎県に大雨の特別警報を発表したことについて、気象庁は午前7時から記者会見を開いていました。

 

人的被害も出ていることから

避難のタイミングが非常に大事ということがわかります。

雨だし大丈夫。

高台に住んでいるから大丈夫。

と思いこまないほうがいいですね。

スポンサーリンク

河川氾濫水位超え、通行止めも

下記画像のように水位情報を見ることが可能です。

随時こちらから確認いただけます。

水位情報

 

大雨により川の氾濫水位を超えているようです。

川が氾濫して、道路が通行止めになっているところもあるようです。

大雨の影響で土砂崩れ等も発生し、

高速道路も通行止めになっているようです。

スポンサーリンク

他県でも大雨による被害

警戒レベル5が発令されている

長崎・福岡・佐賀以外でも

大雨による被害がでているようです。

 

静岡や神奈川では大雨に加え、

竜巻など激しい突風の被害も出ているようです。

とても強い雨が降っている地域もありますね。

この雨は停滞するとみられていて

明日29日まで続くみたいです…。

 

被害がこれ以上大きくならないことを願います。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました