横浜ブルーライン事故の運転士は誰?居眠りの原因は?ネットの反応は?

ニュース・事件

横浜市営地下鉄ブルーラインが

壁に衝突する事故が発生しました。

なんと事故の原因は、

運転士の居眠りが原因だったということが報道されています。

この事故のせいで一部ダイヤに変更が生じています。

この事故について事故の内容や、運転士について、ネットの反応を調べていきます。

スポンサーリンク

事故の詳細

 

29日午前8時35分ごろ、横浜市泉区の市営地下鉄ブルーライン踊場駅で、あざみ野発踊場行きの列車(6両編成)が、折り返し運転のため引き込み線に入った際、本来の停止位置を約29メートル通り過ぎて前方の壁にぶつかり、車体を損傷した。

(引用元:朝日新聞) 

先頭から2両目までが線路から落ち、窓ガラスが割れるなどしたようです。

 

男性運転士は、引き込み線への進入時に居眠りをしたと話しているようです。

 

ブルーラインは全線で運行に遅れが出たほか、

快速の運転を中止し、利用者にも影響が出ていました。

終日、快速列車の運行を中止するようです。

 

スポンサーリンク

運転士は誰?

事故を起こしたブルーラインの運転士について知らべてみます。

 

このブルーラインを運転していたのは、

42歳の男性運転士

という事がわかっています。

 

この運転士は、事故により擦り傷や膝を打撲するなどの軽傷を負ったようです。

 

 

この運転士は、

居眠りをしていた

と供述し、認めているようです。

 

居眠りをしていて、ブレーキが掛けられなかったようです。

 

ケガを負ったようですが、軽いケガで済んでよかったし、

乗客がいなくて本当によかったです。

 

スポンサーリンク

原因は居眠りはなぜ起こった?

 

事故の原因は、42歳男性運転士の居眠りでブレーキをかけなかったことでした。

 

それにより、

本来の停止位置を約30メートル過ぎて壁に衝突。

先頭から2両目までが線路から落ち、

窓ガラスが割れるなどしました。

 

一体なぜ居眠りをしてしまったのか…。

調べてみましたが、原因は公表されていませんでした。

 

会社がブラックで寝る暇がないぐらい過労だった?

ただ単に寝不足?

気の緩み?

などなど考えられますよね。

 

この運転士の勤務体制など

居眠りの原因についても調べて欲しいと思います。

 

スポンサーリンク

過去にも同じような事故を起こしている

ブルーラインは今年6月6日にも事故を起こしています。

 

線路上に保守作業員が置き忘れた器具に始発列車が乗り上げ、脱線する事故が起きています。

このときは、乗客が130名ほどいたようですが

幸いけが人はいませんでした。

 

このような事故があったばかりなのに

また事故が起こり利用する市民から非難されています。

 

居眠りや、器具の置忘れ…

集中・注意して仕事をして入れば防げたような事故ですよね。

 

スポンサーリンク

ネットの反応は?

事故が続き、ネットでは避難する声が多く上がっています。

Twitterに投稿されているコメントを一部ご紹介。

 

ネットには6月の事故に続き人的ミスが

短期間に発生したことで

「またやらかした」などといったコメントが多かったです。

 

スポンサーリンク

最後に

ブルーラインが短期間に2度も事故を起こしたことで、ネットからとても厳しいお怒りの声が…。

ブルーラインを日常的に使用する利用者は

こんなにも事故が多いと不安ですよね。

 

今回は、乗客が乗っていなかったことが不幸中の幸いですね。

 

運転士の居眠り運転による事故。

居眠りをしてしまった原因をしっかり究明してほしいと思います。

こんなにも人的事故が起こると、

会社に対しても不信感しかないですよね。

 

以上、最後までお読みいただきありがとうございます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました