首里城で火事!出火の原因は?放火の可能性?正殿・北殿全焼!現地の画像や様子

ニュース・事件

31日未明、沖縄県那覇市にある首里城で火災が発生しました。

正殿と北殿、南殿がほぼ全焼し、他の建物にも火が燃え広がっている模様。

 

首里城跡は、2000年に世界遺産に登録されており多くの観光客が訪れる観光地でもあっただけに、日本全国で悲しみの声が多く上がっています。

 

火災の原因や負傷者、調べるとともに、

現地の様子などツイートされていますので、

記事にまとめていきます。

 

スポンサーリンク

報じられた内容

31日未明、沖縄県の首里城で火事があり、正殿などが全焼し、午前7時現在も延焼中。

那覇警察署などによると、31日午前2時40分頃、首里城を警備している会社から、消防に通報があったという。

消防車14台が出動しているが、首里城の正殿、北殿、南殿が全焼し、午前7時現在も延焼中。火は正殿の近くの門にも広がっているが、けが人の情報はないという。

首里城では、27日からイベントが行われていて、30日の夜は、その準備が行われていたが、何時まで人がいたかなどはわかっていない。

(出典元;NNN)

 

スポンサーリンク

現地の様子や画像

かなり大きな火災だという事が画像や動画から見てわかります。

 

スポンサーリンク

火災現場について

火災が発生したのは、31日 午前2時40分ごろ。

首里城で「正殿で火災が起きている。黒煙が上がっている」と通報があったといいます。

午前8時現在、正殿と北殿、南殿がほぼ全焼。

合わせて4200平方メートルが焼失したということです。

現在も正殿の西側にある「奉神門」が燃えているということです。

 

下記画像は、首里城のマップです。

 

かなり大きな範囲で火災が発生していることがわかります。

 

スポンサーリンク

出火原因について

出火原因について調べていきます。

 

午前8時現在、火災の原因について公表されていませんでした。

 

沖縄気象台によると、火災が発生した直後の31日午前3時の定時観測で、那覇市の天気は曇り、気温24度、湿度69%だった。

同気象台は「乾燥注意報は発表していないので、特に火災が起きやすい気象条件ではなかった」としていると報じられていました。

 

放火など事件の可能性はあるのでしょうか。

 

この火災に気づいたのは、首里城の警備員。

警備システムのセンサーで熱反応があり、確認したところすでに正殿から火の手が上がっていたという事です。

 

また、27日から「首里城祭」が開催されていたようです。

正殿には31日未明まで、開催中の「首里城祭」の関係者が作業をしていたという。

出火当時は帰宅しており、出火原因との関係はわかっていないようですが、警察署は首里城公園の関係者やイベントの関係者に事情を聴いているということです。

 

事故の可能性もあるし、事件の可能性もどちらもありえます。

 

今後、消火活動が終了次第、

詳しい消防と警察で詳しい調査が行われるのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

負傷者について

負傷者について、調べていきます。

 

この首里城の火災で『けが人はいない』という事が報じられています。

 

大きな火事でしたが、負傷者が出ていないことは不幸中の幸いなのでしょうか…。

しかし、多くの観光客が訪れ、世界遺産にも登録されている首里城での火災はとてもショックが大きいです。

 

スポンサーリンク

ネットの反応

ネットでもショック、悲しいといった声が多くあがっています。

スポンサーリンク

最後に

首里城火災についてまとめていきました。

 

現地の方もこの火災で大きなショックを受けているようです。

学生時代の修学旅行、友達や家族との旅行など多くの方が足を運んだのではないでしょうか。

私も首里城は訪れたことがあるだけに、非常に悲しいです。

あの時は改装工事中だったので、

生まれ変わったらまた行こうと思っていましたが残念です…。

 

早く鎮火することを願います。

以上、最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました