東海道線の刈谷駅で人身事故!原因や運転再開は?現地の様子や画像

ニュース・事件

5日、14時40分ごろ東海道本線 刈谷駅で人が列車に接触したということです。

人身事故の影響で、

豊橋~岐阜駅間の運転を見合わせているようです。

 

Twitter上ではこの人身事故について多くのツイートが投稿されいます。

この人身事故について調べていきます。

 

スポンサーリンク

刈谷駅で人と列車が接触

 

15時05分より、JR線から名鉄線への振替輸送を実施との事。

運転再開の見込みは、16時10分を予定。

 

最新情報は、JR東海→在来線運行状況から確認いただけます。

 

 

スポンサーリンク

事故現場の様子、ネットの反応

 

スポンサーリンク

人身事故の現場について

人身事故が発生したのは、東海道本線 刈谷駅。

 

名鉄三河線とJR東海道本線の乗り換え駅になるようで、

多くの方が利用する比較的大きな駅のようです。

 

 

 

スポンサーリンク

人身事故の原因について

人身事故が発生した原因について調べていきます。

 

JR東海が事故直後に発表した内容によると、

「人が列車に接触した」と発表されています。

 

ツイートされている情報では、

貨物列車が人と接触した、踏切内に人が入ってきた問うような情報もありました。

 

 

けが人の情報や事故なのか、自殺なのかなど

15時現在わかっていません。

貨物列車と接触し、死亡【追記】

貨物列車に人がはねられたとメディアで報じられました。

5日午後2時35分頃、愛知県刈谷市の踏切で、東京貨物ターミナル駅発福岡貨物ターミナル駅行き貨物列車に人がはねられ、消防によると、その場で死亡が確認された。

JR東海によると、この事故の影響で、東海道線の岡崎―大府駅間の上下線で運転を見合わせている。

(出典元:読売新聞オンライン)

 

スポンサーリンク

まとめ

東海道本線 刈谷駅での人身事故についてまとめていきました。

列車の見合わせ、遅れで多くの利用客へ影響が出ているようです。

 

一刻も早く通常通り運行しますように。

以上、最後までお読みいただきありがとうございます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました