阪急京都線,線路設備故障でかなりの遅延,渋滞発生!現地の様子や画像

ニュース・事件

阪急京都線・千里線の摂津市駅~正雀駅間で

線路設備故障したために電車に大幅な遅れが出ているようです。

その影響で、踏切が開かないなどして車の渋滞も発生。

 

Twitterでは『阪急京都線』がトレンドワード入りしています。

現地の様子や原因について調べていきます。

スポンサーリンク

摂津市駅~正雀駅間で線路設備故障

(出典元;阪急電鉄)

阪急電鉄 京都線・千里線

発生時刻  :6:37頃
発生場所  :摂津市駅~正雀駅間
原因    :線路設備故障

 

11時現在も、大幅に列車が遅れているようです↓↓

(出典元;阪急電鉄)

 

最新情報は、阪急電鉄HPから確認できます。

阪急電鉄運行状況

スポンサーリンク

現地の様子

<b

 

踏切設備故障が発生し約4時間経った現在も、復旧に時間が掛かりそうです。

スポンサーリンク

みんなの反応

スポンサーリンク

線路設備故障の場所、原因について

摂津市駅~正雀駅間とされていますが、

摂津市駅の付近で線路設備故障したようです。

 

線路設備故障という事ですが、

一体何が原因でこのような事になってしまったのかわかっていません。

いきなりこのような故障が発生すると

利用客や通行人などかなり困ってしまいますね。

スポンサーリンク

 最後に

阪急電鉄京都線・千里線 摂津市駅~正雀駅間で

線路設備故障でかなりの遅れが発生しているようです。

また、踏切が開かないため車や通行人が渋滞している様子をまとめていきました。

 

帰宅ラッシュまでに通常ダイヤに戻ればよいのですが。

以上、最後までお読みいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました