大西達也の顔画像,犯行動機がヤバい?!世界遺産・龍安寺に落書き(京都)

ニュース・事件

京都市にある世界遺産・龍安寺(りょうあんじ)の壁に落書きをしたとして会社員の男が逮捕されました。

逮捕されたのは、大西達也(おおにしたつや)容疑者(44)。

 

大西容疑者の顔画像やSNS、フェイスブック、

犯行動機などこのニュースについて調べていきます。

スポンサーリンク

報じられた内容

京都市にある世界遺産・龍安寺の壁に落書きをしたとして会社員の男が逮捕されました。

器物損壊の疑いで逮捕されたのは、神奈川県横浜市に住む会社員の大西達也容疑者(44)です。

大西容疑者は、24日午後3時40分ごろ、龍安寺の山門をはいってすぐの壁に青や赤などの油性のペンで「感謝朱雀」「待たせたな」などと落書きをした疑いがもたれています。

警察によると、観光客から通報があり、警察が現場付近にいる大西容疑者を見つけ、職務質問をしたところ、容疑を認めたということです。

調べに対し、大西容疑者は、「将来、SF作家になりたい。創作意欲がみなぎって書いてしまった」と話しています。

龍安寺は「大変遺憾であり、今後このようなことを起こしてほしくない」とコメントしています。

(出典元;関西テレビ)

スポンサーリンク

大西達也容疑者について

プロフィール

(出典元;ANN)

名前大西達也(おおにし たつや)
年齢44歳
住所神奈川県横浜市
職業会社員
容疑器物損壊の疑い

顔画像

大西容疑者の顔画像は公表されていませんでした。

 

SNSやFacebookも調べてみましたが、

同姓同名のアカウントはありましたが、

大西容疑者と特定できませんでした。

スポンサーリンク

落書きの内容

大西達也容疑者は24日午後3時40分ごろ、

世界遺産の龍安寺の山門の内側にある白壁に

「我青龍 感謝朱雀 待たせたな 白虎」

と落書き。

 

その落書きがこちら。

 

 

(出典元;ANN)

スポンサーリンク

犯行動機がヤバい!

大西容疑者は調べに対して

「将来は神話・SF作家になりたい」

「きょうは創作意欲がみなぎったから書いた」

などと話し、容疑を認めているということです。

 

(出典元;関西テレビ)

 

自称・横浜市在中の大西容疑者ですが、

旅行で京都を訪れていたのでしょうか。

せっかく大きな夢を持っているのに、

こんな事したら逮捕されたら意味ないのに…。

スポンサーリンク

龍安寺について

京都市右京区にある世界遺産の龍安寺。

石庭や5月~7月に見ごろを迎える睡蓮はとても魅力的なお寺です。

近くには金閣寺もあり、

観光客が年中多く訪れるお寺です。

スポンサーリンク

ネットの声

44歳にもなって「将来、SF作家になりたい。創作意欲がみなぎって書いてしまった」って…笑
壁に書いたら逮捕されるという創造力は働かなかったんだな…

(出典元;https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191125-12083801-kantelev-l26)

 

まず、自分の夢を語るより人様に迷惑かけない生き方をお願いしたい。

(出典元;https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191125-12083801-kantelev-l26)

 

神鑑定した方がいいです

(出典元;https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191125-12083801-kantelev-l26)

 

いつまでも少年の心を持ってもいいが、いい加減大人になってくれ。

(出典元;https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191125-12083801-kantelev-l26)

 

単なる落書き事件であれば書いた男の素性と併せて笑うだけですが、
描いた対象に大いに問題がある。

(出典元;https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191125-12083801-kantelev-l26)

 

大体、こういう事で捕まる奴や壁に落書きして「アートだ」と言い張るやつってもれなく字が汚かったり絵が下手なのはなんでだろう?

(出典元;https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191125-12083801-kantelev-l26)

スポンサーリンク

最後に

『大西達也の顔画像,犯行動機がヤバい?!世界遺産・龍安寺に落書き(京都)』についてまとめていきました。

世界遺産にこのような落書きをするなんて信じられないですね。

 

夢を追いかけるのはいいですが、

落書きしたところが間違いでしたね。

自分のノートに書けばよいのに。

 

しっかりと罪を償っていただきたいと思います。

 

以上、最後までお読みいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました