名古屋・中川スイムスクールで塩素ガス!子供の容態は?原因は何?

ニュース・事件

29日午後、名古屋市中川区のスイミングスクールで

消毒に使う塩素を入れるタンクに誤って別の薬剤を入れたため塩素ガスが発生。

 

このガスにより水泳教室に通っていた子供たちが病院へ搬送されたという事です。

子供たちの容態や、なぜこのような事態になったのか、

このニュースについて調べていきます。

スポンサーリンク

報じられた内容

29日午後3時過ぎ、名古屋市中川区のスイミングスクールで、「ガスが発生した」と消防に通報がありました。

これまでに子ども6人が、のどの痛みなどを訴えているということです。

消防によりますと、29日午後3時半頃、名古屋市中川区高畑の「中川スイムスクール」の従業員から、「タンクに違う薬剤を入れてしまいガスが発生した」などと消防に通報がありました。

29日午後4時30分現在、消防が有毒物質が発生しているかどうかなどを確認していて、当時プールを利用していた人など30人以上が建物から避難しました。

このうち、これまでに6人の子どもが、のどの痛みや目の痛みなど、体調不良を訴えているということです。

この後、病院に搬送する予定ですが、症状はいずれも軽いということです。

従業員は、塩素のタンクに塩素を入れようとしたところ、間違えて別の薬剤を入れたとみられています。

(出典元;CBCテレビ)

スポンサーリンク

病院に搬送された子供の容態は?

(出典元;NHK)

 

上記の画像は、JSS中川スイムスクールの駐車場に非難している利用者や救護に当たる救急隊の様子がわかります。

 

5歳から8歳の子ども6人が、

目やのどに痛みを訴えたり気分が悪くなったりして病院に運ばれました。

6人の症状はいずれも軽いということです。

 

消防などによると、

スイミングスクールでは当時、水泳教室に通う子どもたちが建物の2階でプールに入る前の準備体操をしていて、利用者など60人が避難しました。

 

【追記】

子供7人と従業員1人が病院へ搬送されたということです。

 

スポンサーリンク

なぜ薬剤を入れてしまったのか?

消毒に使う塩素が入ったタンクに誤って薬剤を入れてしまったということです。

 

ポリ塩化アルミニウム』という

酸性の薬剤を入れてしまい、塩素ガスが発生。

 

「ポリ塩化アルミニウム」は、プールの細かいごみを集めて水を浄化するために使われる薬剤で、酸性です
プールの消毒に使われる塩素剤「次亜塩素酸ナトリウム」はアルカリ性の溶液で、酸性の液体と混ぜられた場合、有毒な塩素ガスが発生するということです

なぜ、誤って薬剤を入れてしまった経緯については

現在、調査中という事です。

 

塩素ガスを大量に吸ってしまうと、

最悪の場合、死亡する可能性もあるようです。

 

まぜたら危険な薬剤を簡単に取り扱えるような保管状態だったのでしょうか。

幸いにも重症者がいなくて良かったですが、

スイミングスクールの保管状態が問われそうですね。

 

スポンサーリンク

JSS中川スイムスクールについて

塩素ガスが発生したスイミングスクールは、

愛知県名古屋市中川区高畑にある「JSS中川スイムスクール」です。

 

TEL052-361-7535
FAX052-361-7536
住所〒454-0911
愛知県名古屋市中川区高畑5-37
スポンサーリンク

ネットの反応

通常、資格取得者が薬剤を投入するはず。プール管理の有資格者がやらなければならない。水温、塩素濃度、水素イオン濃度のチェックなどは、大学生のアルバイトコーチができても、循環ろ過装置付きの温水プールの薬剤投入には、塩素ガスが発生することもあるので、気を付けなければならない。

(出典元;https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191129-00014524-cbcv-l23)

 

元水泳コーチとして一言。
あまりにも軽率なミスですがとても重大なミスです。
場合によっては大量に発生した塩素ガスを吸い込んで、呼吸困難を起こし、死亡することも考えられる重大なミスです。

(出典元;https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191129-00014524-cbcv-l23)

 

学生時代プール施設でバイトしてたことあるけど、薬剤投入は必ず危険物取扱免許を持った上級技師(社内資格的な奴)2名が必ず立ち会って実施しないといけなかった。
容器も違うのに早々簡単に入れ間違いなんてないと思うんだが。

(出典元;https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191129-00014524-cbcv-l23)

スポンサーリンク

最後に

中川スイムスクールで塩素ガス発生事故についてまとめていきました。

なぜ、間違って投入してしまったのか、

今後繰り返さないためにも原因追及が必要ですね。

 

幸い、病院に搬送された6人の生徒たちの症状は軽いという事でしたが、一歩間違えれば呼吸困難になり死亡してしまうぐらい危険な塩素ガス。

 

重症者が出なくて本当に良かったです。

以上、最後までお読みいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました