大阪・加賀谷小学校でシンナー落下!どこの会社?原因は?児童がケガ!

ニュース・事件

 

 

大阪府大阪市住之江区の加賀谷小学校で

外壁工事中に工事用シンナーが落下し

小学生がケガをしたいうニュースが報じられました。

 

外壁工事をしていた会社や落下した原因、

ケガをした児童の容態など調べていきます。

報じられた内容

 

16日、午後3時45分ごろ

大阪市住之江区の加賀谷小学校で

外壁工事中にシンナーを含む液体が落下。

 

児童8人にかかり、1人が病院へ運ばれました。

 

消防によりますと、

8人はいずれも軽症という事です。

 

外壁工事をしていた会社はどこ?

外壁工事をしていた会社について調べていきます。

 

外壁工事をしていた会社は、

現時点では公表されていません。

 

安全確認などしていたのかに気なるところです。

 

会社名が明らかになる可能性は低いと思いますが、

わかり次第、追記させていただきます。

 

シンナーが落下した原因について

外壁工事中にシンナーを含む液体が落下した原因について調べてみましたが、現時点では原因について明らかになっていません。

 

速報で報じていた報道ランナーによると、

屋上で作業をしていたということです。

屋上部分で捜査員が検証などにあたっている様子が報じられていました。

 

なぜ、落下したのか詳しい原因を明らかにし、

発表していただきたいですね。

ケガ人の容態について

8人の児童がケガをしたという事が報じられています。

 

うち、1名は病院へ搬送されているようですが、

8人はいずれも軽症のようです。

 

軽傷という事ですが、

どのようなケガをしているのか詳しいけがの症状はわかっていません。

また、ケガをした児童の学年等もわかっていません。

加賀屋小学校について

事故のあった加賀谷小学校は、

大阪市住之江区にある公立小学校です。

 

全校生徒数は300人(2018年度)を超える小学校です。

 

8人の児童がケガをしたものの、

全員軽傷ということなので不幸中の幸いといえますね。

 

今回の件で、今後学校側は、

工事中の安全対策等さらに気を付けていかなければならないのではないでしょうか。

 最後に

『大阪・加賀谷小学校でシンナー落下!どこの会社?原因は?児童がケガ!』についてまとめていきました。

 

以上、最後までお読みいただきありがとうございます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました