モスバーガー 使用期間が切れている食材を使用していた、常習犯?!

ニュース・事件

ハンバーガーチェーン「モスバーガー」が使用期間が切れの食材を常習的に使っていることが内部告発で発覚。

モスフードサービスは今年1月、違反を確認。常習的に行われていたとして、フランチャイズ契約を結ぶ長崎県の会社を指導したようだ。

モスバーガーは健全で安全というイメージでファンが多いと思います。今回の事件について調べてみます。

スポンサーリンク

どこの店舗?

福岡市南区にあるモスバーガーが使用期間の過ぎている食材を提供していた。

モスバーガー公式サイトより福岡南区のモスバーガーを調べたところ下記の店舗が該当したのでこちらの店舗ではないでしょうか?

モスバーガー福岡野間店

福岡県福岡市南区野間2丁目2-3

スポンサーリンク

使用期間とは?

使用期間とは何なのか?

モスバーガーは微生物検査や官能検査を行い、科学的データに基づいて「お客様に安全を提供できる使用期間」を食材ごとに設定している。

期間を過ぎた食材は破棄するように求めているほか、作り置きも禁止している。

 

スポンサーリンク

常習的にしていた?

モスフードサービスによると、この店舗では2016年4月ごろから、休日の繁忙時に『モスライスバーガー焼肉』の焼き肉を数人前作り置き。

調理後の焼き肉の使用期間は5分だが、時間管理をせずに保温しお客さまに提供。

店長は「人手不足から勝手な判断でやってしまった」と話している。

こちらが、モスライスバーガー焼肉。

 

また、複数の店関係者は、「野菜などの使用期間を延ばすために、店長の指示で仕込み時間の改ざんも行った」と証言しているようだ。

この改ざんを行ったことについての違反は確認できてないようです。

スポンサーリンク

モスフードサービスのコメント

モスフードサービスは、「あってはならないマニュアル違反。厳正な対応、指導を行い、お客さまに安全な商品の提供を心掛けてまいります」とコメント。

一方で、衛生面については「加熱調理済みの製品を85~170度の高温で保管しており、直ちに健康に影響を与える品質劣化の可能性は低い」とした。

また、「野菜などの使用期間を延ばすために、店長の指示で仕込み時間の改ざんも行った」との同様の内部通報が寄せられているが、「店舗の訪問時に違反は確認できなかった」としている。

 

(情報先:公式サイトより)

 

スポンサーリンク

最後に

安心・安全で食材にこだわっていることで多くのファンがいるモスバーガー。

使用期間が切れている食材を使用している、しかも常習的に…(*_*)

モスは安全だよね~♪と思っていたのでとてもショックでした。

一店舗のニュースのせいで全国各地にあるモスが、もしかして??と疑ってしまいますよね。

今後このようなことがないように強く願います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました