九州南部の大雨 避難勧告109万人に 鹿児島自衛隊の災害派遣を要請

ニュース・事件

数日前から九州で降り続いている豪雨。

九州南部で豪雨の影響を受けています。

スポンサーリンク

避難勧告指示が109万人

今回に豪雨での避難勧告指示は109万人にのぼりました。

警戒レベルは4です。

レベル5はすでに災害が起きている状況です。

手遅れになり前に一刻も早く安全な場所へ避難していただき、自信の身の安全を確保してください。

スポンサーリンク

鹿児島 自衛隊に災害派遣要請決定

3日、鹿児島県の三反園知事は自衛隊に災害派遣要請をしたことを発表しました。

三反園知事は、報道陣の取材に対し

「いつどこで大規模な土砂災害や川の増水、氾濫が起きてもおかしくない極めて危険な状況にある」

と述べています。

スポンサーリンク

九州南部、夜中に雨のピーク

今回の豪雨は夜中にピークをむかえるみたいです。

鹿児島市内を流れる和田川もここまで流れが強くなり、水位も上がっています。

また、80代の女性が川の様子を見に行き転倒。

肩の骨を折るケガをしました。

こういう時は外にでることはもちろんのこと、川などに近づくことは絶対やめてください。

スポンサーリンク

今後の動きは?

今後は四国・近畿地方に動くようです。

大阪ではすでに警戒が強まっています。

また明日の始発の電車から運転の取りやめの可能性もあります。

スポンサーリンク

最後に

自分の命は自分で守りましょうと気象庁が呼びかけています。

災害が起こってから準備をするのではなく

予め準備できるものは準備しておきましょう。

避難先で必要な道具がわからない!という方は

避難セットを買っておくことをおすすめします。

 

ラジオ・ライト・各種携帯電話の充電機能を持ち合わせた多機能ライトを始め、非常食、救急セット、暖グッズ、トイレなど避難先で必要な道具が30点はいったセットになります。

 

事前に準備をしておくことで予測していない急な災害にも慌てず必要な道具を持って避難することが出来ます。

万が一に備えておくことで身を守ることが出来ると思います。

今回の雨で亡くなった方もいます。

雨だからと言って簡単に考えず、外出は控え、避難する場合も明るいときにしましょう。

亡くなった方のご冥福をお祈り申し上げます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました