佐々木朗希の父は震災で死?母や兄が支えドラフトへ? しびれるナイスガイ

ブログ

「平成最後の怪物」や「令和の怪物」と言われている

大船渡高校の佐々木朗希(ささきろうき)選手。

「令和の怪物」は、

甲子園で活躍した星稜・奥川恭伸選手の

代名詞になったかもしれませんね。

 

佐々木朗希選手は、

U-18にも選ばれたことやドラフト上位指名候補して

プロや世間から注目されている投手です。

 

佐々木選手は小さいころ、

陸前高田市に住んでいて

東日本大震災で被災しています。

その震災で佐々木選手は、父親と祖父母と亡くされたんだそう。

ここまでたくさんの苦労があったことと思います。

佐々木選手や、佐々木選手を支えてきた家族について調べていきましょう。

スポンサーリンク

佐々木朗希選手のプロフィール

 

名前佐々木朗希(ささきろうき)
生年月日2001年11月3日
年齢18歳(2019年8月時点)
出身地岩手県陸前高田市
身長189センチ
体重81キロ
投打右投右打

 

佐々木選手は、岩手県陸前高田市の出身で

小学校は陸前高田市立高田小学校に通っていました。

ですが、2011年の東日本大震災で被災し

大船渡市に引っ越し、大船渡市立猪川小学校に転校したようです。

大船渡市立第一中学校を卒業し、

現在の岩手県立大船渡高校へ進学。

 

猪川小へ引っ越し小学3年生の時に野球を始めたようですね。

中学校では軟式野球部に所属し、

選抜チームで東北大会準優勝していました。

 

中学生のころから素晴らしい成績を残していた佐々木選手は、大阪桐蔭をはじめ高校野球の強豪校からオファーを受けていたようです。

なぜ、大船渡高校へ進んだかというのは後ほど詳しくお話しします。

 

高校1年からベンチ入りをし、

自己最速を記録し続け、

現在163キロを記録しています。

持ち球は、ストレート、チェンジアップ、スライダー、フォーク。

得意なのはストレートのようです。

 

高校生の投球で150キロを記録したら

注目されるぐらいなので、163キロってヤバいですよね。

あの奥川選手でも自己最速154キロです。

 

メジャーリーグで活躍している

大谷翔平選手が高校時代の最速記録160キロで

ダルビッシュ有選手が147キロ、

田中将大選手が150キロです。

 

佐々木選手も奥川選手も注目されるわけですよね~

凄すぎますね!

 

投球も素晴らしいですが、

50メートル5秒9という俊足!

 

これからの活躍がとても期待されている佐々木選手です。

 

スポンサーリンク

父親を震災で亡くした佐々木選手

先ほど話しましたが、

佐々木選手は2011年の東日本大震災で被災しています。

 

被害が大きかった岩手県陸前高田市に住んでいた佐々木選手。

 

佐々木選手は、その震災でお父さんと祖父母が

犠牲者となってしまいました。

 

お父さんは37歳の若さだったようです。

佐々木選手は当時小学3年生でした。

 

家も被害に遭い、避難生活を経て大船渡市へ引っ越したそうです。

 

小さいときにあの震災を経験され、とても恐怖だったことと思います。

そして大切な家族までも…。

小さいときに辛い経験をされたんですね。

ここまで大きく成長しとても立派ですね。

お父様も空からいつも見守ってくださっているのでしょうね。

スポンサーリンク

兄が佐々木選手を強くした

佐々木選手は、お兄さんと弟さんの3人兄弟のようです。

写真がありました↓↓

写真手前から

長男:琉希さん

次男:佐々木朗希選手

三男:怜希さん

一番奥に映っているのが母親の陽子さんです。

 

父親が亡くなってからは3歳年上の琉希さんが

弟たちの面倒を見てくれたようです。

琉希さんが”自分がしっかりしなくては”と思い、弟たちにはとても厳しく接したようです。

そのため、佐々木選手は負けず嫌いで

精神面でもとても強くなったようです。

母・陽子さんも琉希さんが父親の代わりになってくれたととても感謝しているんだとか。

 

弟さんはわからないですが、

兄・琉希さんも野球をしていたようです。

大船渡高校の野球部OBだという琉希さん。

4番を務めたこともあるエースだったようです。

 

佐々木選手は、お兄さんの影響で野球を始めたそうで

兄弟でよくキャッチボールもしていたようです。

兄の背中を見て野球をしてきたのでしょうね。

 

手足の長い佐々木選手は、着る洋服が困るようで

佐々木選手が着れそうな洋服があったら

”朗希が着れるかも”という事で買ってプレゼントするようですよ。

素敵な兄弟愛ですよね。

 

スポンサーリンク

外見だけではなく中身もイケメン

佐々木選手はとてもイケメンと話題ですよね!

身長も190センチとかなりの高身長!

手足が長く顔もキリっとしてて、

騒がれないわけがないですよね!

イチローに似ているとも言われているようですが、

確かに似ていますよね!!

目のあたりがそっくりじゃないですか?!

 

外見もナイスガイ!ですが、

中身もカッコよすぎるエピソードがあるんです。

 

それは、何のかというと

大船渡高校へ進学した理由”です。

 

中学校からメキメキと才能を開花させていた佐々木選手は、数々の強豪校からお誘いがあったようです。

その中には甲子園の常連校、大阪桐蔭からも。

 

ですが、全てのオファーをすべて断って大船渡高校へ進学しました。

 

断った理由は、

中学校の頃から一緒にプレーをしている仲間と野球をしたかったから

という理由なんだとか。

 

お兄さんが大船渡高校野球部のOBという事もあるんじゃないでしょうか。

中学校の地元メンバーと一緒に甲子園を目指したいという、なんともキラキラしている感動的なエピソードですよね。

残念ながら、

甲子園に出場することはできなかったですが

仲間と一緒に汗を流し、プレーが出来たことは一生の財産になったのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

U-18に選出

佐々木選手は、侍ジャパンU-18の選手として

高校2年のときに第一次候補30人選出されています。

その日本合宿のときに自己最速163キロを記録しました。

 

今年は岩手県地方大会で決勝まで進むも、

花巻東に敗れてしまいました。

佐々木選手は監督の意向で出場しなかったため

色々、言われていましたよね。

学校にまでクレームがきたそうですよ。

将来の事を考えて投げさせなかったようですが

佐々木選手の試合を楽しみにしていた人や

甲子園に出場できなかったことで色々騒がれましたね。

163キロの投球を投げるという事は

とても凄いですが、

高校生で完成されていない体なので

ひじのケガを心配があったようですね。

 

話がずれてしまいました…
U-18に話を戻しましょう。

 

佐々木選手は、今年のU-18にも選出されました。

佐々木選手以外に選出された投手は

  • 西 純矢(創志学園)
  • 奥川 恭伸(星稜)
  • 前 佑囲斗(津田学園)
  • 池田 陽佑(智弁和歌山)
  • 浅田 将汰(有明)
  • 飯塚 脩人(習志野)
  • 宮城 大弥(興南)
  • 林 優樹(近江)

合計9名の投手が選出されています。

合宿では練習試合も行われていて、

佐々木選手も活躍したようですよ。

頑張ってほしいと思う反面、開催地は韓国。

ここ最近ゴタゴタと色々あるので心配ですよね。

選手が野球に集中し、何事もなく無事帰ってきてくれればいいですが…。

 

U-18には明石商業の水上桂選手も選出されていますよね。

水上選手もイケメンと騒がれています。

投手捕手ともにイケメンバッテリーに

女性ファンは大興奮するかもしれないですね(笑)

 

【関連記事】

水上桂 明石商業のキャッチャーがかっこいいと話題に!経歴や実力は?

スポンサーリンク

9月中旬に進路希望会見予定

佐々木選手は、

Uー18W杯からの帰国後の9月中旬ごろ

希望進路表明会見を行うことがわかりました。

 

佐々木選手はU-18代表候補合宿で希望進路を

「国内プロ1本です」と以前から進路について話していたので

9月中旬に行われる会見も、

このまま変わらずプロ志望に変わりないかと思います。

 

この会見が正式表明となるようなので

とても注目される会見になりそうですね!

 

スポンサーリンク

ドラフト指名は?

先ほどお話しした9月中旬の進路希望会見で

佐々木選手がプロ志望をすればドラフト指名は間違いないでしょうね!

しかも上位指名ではないでしょうか。

なんせ、163キロを記録している投手ですから。

 

さらに体をしっかり作っていけば、

もっと成長が期待されますもんね!

 

スカウト陣のコメントを一部掲載しておきます。

中日・八木智哉スカウト

→日本の宝になる投手。

 

巨人・武田チーフスカウト

→要所でのギアの入れ方がすごい。余力を残しているので、末恐ろしい。近い将来、日本を代表するような投手になる

 

ソフトバンク・三笠球団統括本部長→完成もしていますけど、まだ伸びしろもあるような感じ。

彼を中心としたドラフトになることは間違いない

 

などなど、スカウト陣からかなり注目されていることは間違いありませんよね。

どの球団に入るのか今からとても楽しみですね~!

 

スポンサーリンク

最後に

佐々木選手は小さいときに辛い経験をされていますが、ご家族で支えあってここまで注目される選手となったのですね。

母親の陽子さんも男3人を育ててきてとてもすごいですよね。

佐々木選手は身体を大きくするために

1日5食は食べて、学校のお弁当には米3合だったとか(笑)

食費もかかるだろうし、サポートするのも大変ですよね。

ここまで支えてくれたご家族に佐々木選手もとても感謝しているみたいで、とっても素敵な家族関係ですよね。

これからの活躍もとても楽しみですね。

 

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

 

【関連記事】

高校野球ビック4 ドラフト指名注目選手 投手150㌔越えエース

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました