宮崎・延岡が台風17号で竜巻や冠水で被害がヤバい?!現地の様子,動画や画像!

ニュース・事件

台風17号が宮崎に接近していることで

各地で大きな被害が出ているようです。

大雨で道路が冠水したり、突風で車が横転、

また竜巻が発生したとみられ、延岡市やJR延岡駅での構内で鉄塔倒れる被害が発生しているようです。

 

現地の様子をまとめていきます。

 

スポンサーリンク

延岡市で竜巻が発生

北部平野部で竜巻などの激しい突風が発生し

大きな被害が出ています。

 

竜巻が通過し、窓ガラスが割れたり車が横転、

屋根がはがされていて竜巻が通過した後がわかります。

 

現時点では、竜巻被害による人的災害は発生していないという事です。

割れたガラスを踏んでしまったりし、

車を運転中に横転し、怪我をしている人がいるようです。

 

スポンサーリンク

JR延岡駅のコンテナが飛び鉄柱が倒れる

 

JR九州によると、22日午前8時40分頃、

宮崎県延岡市のJR延岡駅で、突風の影響で貨物コンテナが飛ばされ、構内の電柱に衝突したようです。

同駅で停電が発生し、日豊線市棚(宮崎県延岡市)―日向市(同県日向市)間の上下線で運行を見合わせています。

けが人はいないようです。

スポンサーリンク

 大雨で道路が冠水

 

(出典元:ANN)

宮崎市付近ではレーダーによる解析で21日午前9時20分までの1時間に120ミリ以上の猛烈な雨が降ったようです。

 

この影響で宮崎市内では複数の場所で道路が冠水し、

車が立ち往生するなどしたようです。

 

スポンサーリンク

警戒レベル4相当、九州西側

宮崎県以外にも徳島、大分、熊本に

警戒レベル4に相当する土砂災害警戒情報を発表しました。

 

大型の台風17号は22日午前9時現在、九州西側の海上を時速約30キロで北北東に進んでいる。気象庁によると、中心気圧は975ヘクトパスカル、最大風速は30メートル、最大瞬間風速は45メートル。九州に接近し、日本海を通過しながら24日にかけて北日本に近づく恐れがある。

九州などでは雨が降り続いており、気象庁などは22日午前までに、警戒レベル4に相当する土砂災害警戒情報を、徳島、大分、熊本、宮崎4県で発表。注意を呼びかけている。

(出典元:毎日新聞)

 

これから西日本にも近づいてくるようです。

これだけの大きな被害が出ているので、

とても怖いですね。

 

スポンサーリンク

最後に

宮崎県の台風17号の被害状況をまとめていきました。

延岡周辺で竜巻が発生し、大きな被害が出ていました。

幸いこの竜巻による死者やけが人は現在、

出ていないという事なので本当によかったです。

 

(出典元:MBC南日本放送)

11時時点で九州全域が強風域にっている大きさ。

これからどんどん北上するようなので西日本もそろそろやばそうですね。

 

大きな被害がこれ以上発生しませんように。

 

以上、最後までお読みいただきありがとうございます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました