六甲アイランド小学校の給食にゴキブリ混入!原因は?神戸の学校がヤバい?!

ニュース・事件

 

東須磨小のいじめ教師問題や組体操問題に続き、

また神戸市で問題が発生しました。

 

神戸市立六甲アイランド小学校(東灘区)の給食に

ゴキブリの幼虫が入っていたという事が報じられました。

 

ゴキブリが入った原因や経緯、健康被害等、

ネットの反応を調べていきます。

 

スポンサーリンク

報じられた内容

 

 神戸市教育委員会は7日、六甲アイランド小学校(同市東灘区)の給食にクロゴキブリの幼虫(約1・9センチ)が混入していた、と発表した。

2日に5年生の児童がハンバーグを食べている途中で発見した。

ゴキブリは加熱されておらず、調理後に混入した可能性が高いという。

(出典元:神戸新聞NEXT)

 

スポンサーリンク

給食は学校内で調理されている

神戸アイランド小学校は、

調理室が校内にあるようです。

調理室で全校児童と教員用の給食を作っています。

 

ゴキブリの幼虫が混入されていた2日も

調理室で給食が作られていたという事です。

 

2日、全校児童と教員用の約350食分を調理した後に混入したとみられるということです。

給食の写真

学校のホームページに『本日の給食』とういうページがありました。

ゴキブリの幼虫が入っていた2日の給食の写真は掲載されていませんでした。

 

下記画像は、普段児童が食べている給食の写真です。

 

9月27日の給食

ごはん・ふりかけ(ゆかり)・こうやのそぼろに・さわにわん・牛乳

(出典元:六甲アイランド小学校HPより)

 

また、2018年12月7日の給食は

和風ハンバーグの給食でした。

(出典元:六甲アイランド小学校HPより)

 

今回、クロゴキブリの幼虫が入っていたハンバーグもこんなハンバーグだったのでしょうか。

 

スポンサーリンク

ゴキブリが入った原因は?

なぜ、ゴキブリの幼虫がハンバーグに入ったのでしょうか。

 

ハンバーグに入っていたゴキブリは、

クロゴキブリの幼虫(1.9センチ)。

 

このクロゴキブリの幼虫は、

加熱されていなかったため調理後に混入した可能性が高いとされています。

 

調理室の環境が悪かったのでしょうか。

 

ゴキブリが出るということは

清潔に掃除されていないということですよね。

給食提供する衛生環境がどうなっているのでしょうか…。

 

スポンサーリンク

健康被害について

健康被害について調べていきます。

 

神戸新聞は、

”5年生の児童がハンバーグを食べている途中で発見した”

と報じられています。

 

読売新聞が報じた内容には、

”児童は口に入れておらず、健康被害の報告はないという”

という風に報じられていました。

 

健康被害は出ていないようですが、

ゴキブリを発見した児童は衝撃だったでしょうね。

トラウマになりそう…。

 

ゴキブリは調理した後に入った可能性が高いという事ですが、他のハンバーグの上とか歩いていたら…とか考えると気持ち悪すぎます…。

 

スポンサーリンク

ネットの反応

 

スポンサーリンク

六甲アイランド小学校について

【六甲アイランド小学校】

658-0032
神戸市東灘区向洋町中2丁目7

Tel:078-857-3121

Fax:078-857-3122

▶六甲アイランド小学校ホームページ

 

 

スポンサーリンク

最後に

問題が相次ぎ報じられている神戸市で、

また学校問題が報じられ、

ネットでは神戸市の教育環境ヤバいというような多く声が上がっています。

 

ゴキブリが給食に混入したということは

衛星環境が悪いとしか考えられません。

故意に入れた人がいたら別ですが…。

 

【関連記事】

神戸東須磨小で教師がいじめ!小学校教師4人の顔や名前は?処分は?

 

以上、最後までお読みいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました