矢島信男の死因は何?告別式はあるの?特撮監督死去で悲しみの声

エンタメ・芸能

特撮監督の矢島信男(やじまのぶお)さんが死去したことが報じられました。

矢島信男さんといえば、

「人造人間キカイダー」「魔界転生」「ジャイアントロボ」「悪魔くん」など様々な作品を手掛けてきた特撮監督。

 

『矢島なくして特撮なし!!』と言われるほど日本特撮界のドンでした。

 

矢島信男さんの亡くなった原因やお別れ会など調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

矢島信男さんが死去

「人造人間キカイダー」「魔界転生」など、さまざまな作品を手掛けた特撮監督の矢島信男さんが28日、死去した。91歳。埼玉県出身。

29日、日本アカデミー賞協会が発表した。

「特技監督の矢島信男さんが11月28日に逝去されました。長年にわたり映画・テレビにおける特撮技術の基礎を築かれ、日本アカデミー賞では第34回に『協会特別賞』を受賞されています。謹んでご冥福をお祈りいたします」

(出典元;スポニチ)

スポンサーリンク

矢島信男さんの死因について

 

矢島信男さんは2019年11月28日、死去。

91歳でした。

死因について調べていきます。

 

現時点までに死因について発表されていません。

 

お歳も91歳だったので、老衰でしょうか。

病気を患っていた可能性もあります。

分かり次第、追記します。

スポンサーリンク

告別式について

矢島信男さんのお別れ会などは行われるのでしょうか。

 

現在までにお別れ会などの予定についてはわかっていません。

 

家族や親しい仲間で見送ってから、

今後決まるのではないでしょうか。

 

こちらもわかり次第、追記させていただきます。

スポンサーリンク

みんなの声

  • ゴレンジャーは勿論、
    バトルフィーバー、デンジマン等々の
    戦隊シリーズ、里見八犬伝も
    そうだったかな、枚挙に暇が無い
    正に特撮界の巨匠ですよね。
    御冥福を。
  • 日本の特撮はショボイという世間の批判など、自分は感じなかった。
    本当に悲しいです。
  • 東映特撮支えた人が。ご冥福をお祈りします。
    本格的に特撮の時代が終わっていく。
  • 初期の戦隊はまさにこの人あればこそだった。CGの無い時代であった事を考えても、矢島監督が如何に偉大だったかがよくわかる!
  • 昨日、特撮で数々の悪役を演じた山本昌平さんの訃報を聞いたばかりだというのに、その翌日に矢島信男監督の訃報が流れるとは。

(出典元;Yahoo!ニュース)

スポンサーリンク

矢島信男さんのプロフィール

生年月日1928年7月24日
没年月日2019年11月28日(91歳没)
出生地埼玉県大宮市
職業特撮監督

 

矢島信男さんは1949年、松竹入社。

元東宝特撮カメラマンの川上景司氏に師事。「君の名は」「修禅寺物語」などで特撮カメラマンを担当。

59年、東映に移籍。60年代にはテレビの特撮作品を数多く手掛け、東映特撮の基礎を築いた。

65年、特撮研究所を設立。70年代には「人造人間キカイダー」などのヒット作を生んだ。

深作欣二監督の「魔界転生」「里見八犬伝」なども担当した。

長年にわたって映画・テレビにおける特撮技術の基礎を築き、2011年、第34回日本アカデミー賞協会特別賞を受賞。

06年には第4回文化庁映画賞・映画功労表彰を受賞した。

スポンサーリンク

最後に

日本の特撮界の巨匠と言っても過言ではない矢島信男さんが逝去されたニュースについてまとめていきました。

昨日、悪役俳優の山本昌平さんの訃報があったばかりです。

 

ネットの声でも惜しむ声が寄せられています。

 

ご冥福をお祈り申し上げます。

 

以上、最後までお読みいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました