相撲「溜席の妖精」女性は誰で名前や顔画像は?品のある清楚な美女の正体!

エンタメ・芸能

NHKの大相撲中継でテレビに映る、背筋をピンと伸ばした清楚系ファッションの女性が注目されています。

ネット上ではその姿から『溜席の妖精』と呼ばれています。

『溜席の妖精』は誰なのか、相撲関係者なのか調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

『溜席の妖精』について

ネットで話題になっている美女”溜席の妖精”についてNEWSポストセブンが取り上げました。

「土俵の外」で話題を集めていたのが、NHKの大相撲中継で向正面の東花道脇(テレビ画面では左上隅)に映り込む、背筋をピンと伸ばした女性だった。

引用:NEWSポストセブン

 

『溜席の妖精』と呼ばれている女性は、清楚なロングワンピースやフレアトップス、プリーツスカートなど清楚系なファッションを身にまとい、ハンドバックもファッションに合わせてコーディネートされているという。

髪型はポニーテルが多く、前髪はパッツン。

常に背筋をピンと伸ばした状態で正座をしてる。

スポンサーリンク

ネットの反応

スポンサーリンク

『溜席の妖精』の正体は?

ネット上でとても話題になっている『溜席の妖精』さん。

一体、誰なのでしょう。

1月24日、NEWSポストセブンが『溜席の妖精』と呼ばれる美女は誰なのか、取り上げていました。

──テレビ中継で東花道に毎日映る女性として話題になっていますが、お話を伺えませんでしょうか。

私は一般人なので…(再び軽く会釈)

──どちらかの部屋の後援会の方でしょうか。

私ではなく、家族ですね

──どの関取のファンなのか、聞かせてもらえませんか?

いえ、一般人なので…

引用元:NEWSポストセブン

記者の方が『溜席の妖精』さんに取材をしたところ、一般人ということで、詳細は答えてくれなかったようですね。

ネットでは「有名歌手Kの知人のモデル」「大物タニマチTが持っている席だ」などの具体的な書き込みもあったとのこと。

『溜席の妖精』さんは意外にも小柄な方だったようです。

正座姿で背筋がピシッと伸びていることから、高身長という印象でしたが、小柄とは予想外。

女性の小柄ということは、150センチ代なのかもしれないですね。

また、皆勤賞ということで、1月10日から24日の15日間ずっと両国国技館が相撲観戦していたので、お仕事はただの会社員ではないことはたしか。

スポンサーリンク

『溜席の妖精』はタニマチのお嬢さん

『溜席の妖精』と呼ばれている女性は、”一般人”という事で自身の正体を明らかにしなかったものの協会関係者が次のように取材に答えたという。

協会関係者に取材を進めると「二所ノ関一門のある親方がお世話になったタニマチのお嬢さんだと聞いています。それ以上は話せません」ということだった。

引用:NEWSポストセブン

 

また、『溜席の妖精』さんが座っている席は特別な席だという。週刊現代では以下のように掲載されています。

彼女が座っているのは溜席の中でも『維持員席』と呼ばれる席で、後援会や414万円以上の寄付をした人にしか割り当てられない席。後援会の関係者なので、あの席のチケットが手に入るのでしょう」(協会関係者)

引用:現代ビジネス

 

”タニマチ”とは、相撲界の隠語で、ひいきにしてくれる客、または後援してくれる人、無償スポンサーのこと。

二所ノ関一門のある親方がお世話になったタニマチのお嬢さんだという事が判明しましたが、誰のファンなのか気になるところ。

タニマチのお嬢さんということや、ファッションや身なりからお金持ちのお嬢様という感じですね。

スポンサーリンク

最後に

NHKの大相撲中継でテレビに映る、背筋をピンと伸ばした清楚系ファッションの美女『溜席の妖精』が注目されています。

『溜席の妖精』の正体を調べていきました。

3月に開催予定の大阪場所に姿を現すのか気になるところ。

さすがに、大阪までは来ないかもしれないですね。

次、『溜席の妖精』さんに会えるのは、五月場所かもしれないですね。



コメント

タイトルとURLをコピーしました