大植良太郎被告が逃走!顔画像や特徴は?逃走先は?大阪地検また失態!

ニュース・事件

9日未明、大阪府東大阪市で、

保釈が取り消され大阪地検が収容した被告の男が

護送中の車両から逃走したと報じられました。

男は、覚せい剤取締法と大麻取締法違反の罪で公判中の

大植良太郎被告(おおうえりょうたろう)42歳。

 

大阪地検は先日、10月30日にも

収容手続き中の被告の女に逃走される事件が起きています。

度重なる失態で不安の声が相次いでいます。

 

この件について調べていきます。

スポンサーリンク

逃走した大植良太郎被告について

【顔画像】

【プロフィール】

名前大植良太郎(おおうえ りょうたろう)
年齢42歳
住所不明
職業不明

▶覚せい剤取締法違反などの罪で公判中

【特徴】

・身長171cmくらいのやせ型

・紺色の長袖シャツに迷彩柄ズボンを着用

・頭は丸刈り

・裸足で逃走

 

右手に手錠を付け、腰縄をしたまま逃走したという事です。

スポンサーリンク

逃走した経緯

大植被告が逃走した経緯について調べていきます。

 

大阪府警河内署から枚岡署に検察の車両で身柄を移す途中のことだったようです。

 

9日午前4時ごろ、東大阪市新町で、

車で護送中の大植被告から「手錠がきつい」と申し出があり、

検察事務官が左手首の手錠を外したところ、

暴れて車のドアを開け逃走したという。

 

大植被告は、判決期日に3度出頭しなかったことから7日に保釈が取り消されました。

地検が収容し、留置のために大阪府警枚岡警察署に護送していたところだった。

スポンサーリンク

逃走した現場について

河内署から枚岡署に護送中に逃走した大植容疑者。

 

河内署から枚岡署は、約2.6キロ。

車で約10分の距離です。

 

 

逃走した現場は、東大阪市新町の路上という事です。

スポンサーリンク

事務官2人がケガ

大植被告を護送したワゴン車には

事務官3人が乗っていました。

 

女性事務官が運転し、

3列シート車の2列目、3列目に男性事務官がいた。

大植被告は3列目に居たという事。

 

大植被告が「手錠がきつい」と申告し、事務官がかけ直そうとして左手の手錠を外したところ、暴れだしてドアを開け、半開き状態になりました。

危険だとして車を止めたところ、2列目のドアから逃げたという事です。

 

事務官2人が軽傷を負ったということです。

スポンサーリンク

大阪地検、また失態

先日、10月30日にも岸和田市で保釈を取り消された女が収容される直前に車で逃走する事件が起きています。

 

現場近くの住民らは不安を募らせ、

検察の失態に怒りをあらわにしています。

 

大阪地検に対する批判コメントも多くツイートされています。

 

大阪地検は

「身柄の確保に全力を尽くす」

とコメントしています。

 

前回のことがあったにもかかわらず、

再発防止策は考えていなかったのでしょうか。

スポンサーリンク

知人宅に潜伏後、車で逃走?!【追記】

新しい情報が入ってきました。

10日に大植被告が大阪市内に潜伏していたところを捜査員が発見したものの、取り逃がしていたことがわかりました。

警察が大阪市住吉区の大植被告の知人の男の家を訪ねたところ、大植被告とみられる男を発見したということです。

知人の男は逮捕されましたが、大植被告は車に乗って1人で逃走。

その後、大阪市北区のコインパーキングに車が乗り捨てられているのが見つかったということです。

スポンサーリンク

身柄確保!【追記】

11日午後2時ごろ、

大阪市内で身柄を確保されたとのこと。

11日午後2時ごろ、大阪 北区の淀川にかかる十三大橋の上で警察が大植被告を発見し、身柄を確保しました。

男は淀川にかかる十三大橋の上で複数の警察官に囲まれてパトカーに乗せられました。めがねをかけ灰色のニット帽をかぶり、白いマスクをかけているのが確認できました。

男は両側を警察官に挟まれる形でパトカーの後部座席に座り、警察官とことばを交わす様子も確認できました。

 

(出典元;NHK)

スポンサーリンク

まとめ

護送中に逃走した大植良太郎被告についてまとめていきました。

 

度重なる失態に大阪地検に批判が殺到しています。

同じ事がこの短期間に二度も起き、

どのような対応をしていたのか問題が問われそうです。

 

一刻も早く捕まることを願います。

以上、最後までお読みいただきありがとうございます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました