大阪で雹(ひょう)!ガラス割れそう?!タピオカぐらい!現地の様子や画像!

ニュース・事件

低気圧や前線の影響で大気の状態が不安定となり、

今日11日(月)午前は近畿で激しい雨や雷となっています。

一部では氷の粒であるひょうやあられが降っているところがあります。

 

Twitterにはひょうが降っている様子がツイートされています。

スポンサーリンク

激しいひょうが降っている様子

 

 

かなり大粒のひょうがふっており、

タピオカぐらいある、当たるとかなり痛いといったようなツイートがあります。

スポンサーリンク

ネットの反応

スポンサーリンク

大気の状態が不安定

 

上空5500m付近で-20℃以下の強い寒気を伴った低気圧や前線の影響で大気の状態が不安定となり、今日11日(月)午前は近畿で激しい雨や雷となっています。一部では氷の粒であるひょうやあられが降っているところがあります。

大阪府富田林市では短時間ですがあられが激しく降り、道路に積もって白くなっていました。

今夜にかけては、東日本や北日本を中心に変わりやすい天気となります。今晴れているところでも、南からの湿った空気や上空の寒気の影響で、急に雷が鳴ったり、強い雨が降ったり、ひょうやあられが降ることがありそうです。

雨雲は徐々に東に移動するため、雨が降る時間は30分程度となることが多い見込みですが、天気の急変に注意して、空が急に暗く鳴ったら、安全な建物に避難するなど、落雷などには十分お気をつけください。

(出典元;ウェザーニュース)

 

スポンサーリンク

まとめ

大阪でひょうがふっている様子をまとめていきました。

 

かなり粒の大きいひょうが降っていましたね。

これから東日本や北日本を中心に、

激しい雨やひょうやあられが降るとの事。

 

一時的なもののようですが、

当たるとかなり痛いようです。

気を付けてください。

以上、最後までお読みいただきありがとうございます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました