青森八戸女児切り付けの男子中学生の名前や顔,どこ中?犯行動機は?

ニュース・事件

12日午後4時40分ごろ、

八戸市新井田西の路上で小学6年生の女の子が

首の前部分を刃物で切り付けられる事件が発生しました。

 

県警は通り魔事件とみて捜査していましたが

殺人未遂容疑で市内に住む男子中学生が逮捕されました。

 

中学生による犯行ということでかなり驚いています。

なぜ、このような事が起こってしまったのでしょうか。

この事件について調べていきます。

スポンサーリンク

事件の概要

青森・八戸市で12日、下校途中の小学生の女の子が後ろから首を切られた事件で、警察は、市内に住む中学生の14歳の少年を殺人未遂の疑いで逮捕した。

12日夕方、八戸市新井田西で、下校途中の小学校高学年の女の子が後ろから首を切られ、全治3週間のけがをした。

警察は、現場周辺の防犯カメラに映った、女の子のあとをつける、市内の中学校に通う14歳の少年を特定して事情を聴き、殺人未遂の疑いで逮捕した。

少年は殺意があったことを認める供述をしていて、警察は凶器とみられるカッターナイフを押収しているという。

女の子は「知らない人にやられた」などと話していて、警察は動機などをくわしく調べている。

(出典元;FNN)

事件現場は、

八戸市新井田西1丁目の路上。

JR八戸線小中野駅から約2キロ南にある

八戸市の屋内スケート場「テクノルアイスパーク八戸」付近。

スポンサーリンク

男子中学生の名前や顔画像は?

女の子の首を切りつけたとして逮捕された男子中学生について調べていきます。

 

未成年という事から、少年法で守られます。

名前や顔画像の公表は一切ないでしょう。

 

現在わかっているのは、

青森八戸市内に住む14歳の男子中学生。

 

ネット社会ですので、

ネット上で噂はすぐ広まるのではないでしょうか。

特定されるのは時間の問題かもしれないですね。

 

【追記】

この少年は事件当日、

普通に学校に登校して、定刻に下校しており、

犯行後、自宅で着替えて市内の塾に行っていたことが新たに分かりました。

 

また、この少年の人物像について

「これまで入学時から昨日まで大きな事案等起こしたことのない生徒で、運動部の活動等にも積極的に取り組んでいる生徒」

との事でした。

スポンサーリンク

男子中学生はどこの中学校に通っている?

殺人未遂で逮捕された中学生は、

八戸市内の中学校に通っているとの事。

 

八戸市内の中学校は全部で26校ありました。

 

(出典元;八戸市HP)

  • 八戸市立島守中学校
  • 八戸市立中沢中学校
  • 八戸市立市川中学校
  • 八戸市立大館中学校
  • 八戸市立江陽中学校
  • 八戸市立小中野中学校
  • 八戸市立是川中学校
  • 八戸市立鮫中学校
  • 八戸市立三条中学校
  • 八戸市立下長中学校
  • 八戸市立白銀中学校
  • 八戸市立白銀南中学校
  • 八戸市立第一中学校
  • 八戸市立第三中学校
  • 八戸市立第二中学校
  • 八戸市立長者中学校
  • 八戸市立豊崎中学校
  • 八戸市立根城中学校
  • 八戸市立東中学校
  • 八戸市立北稜中学校
  • 八戸市立湊中学校
  • 八戸市立南浜中学校
  • 八戸市立明治中学校
  • 八戸市立白山台中学校
  • 八戸市立 白銀中学校 労災病院内学級
  • 八戸市立 吹上小学校 市民病院内学級
  • 八戸市立 根城中学校 日赤病院内学級

 

逮捕された犯人がどこ中なのか、特定できていません。

身元が特定されるのも、時間の問題なのではないでしょうか。

とくに通っている中学校となると、

すぐ特定できそうですね。

スポンサーリンク

犯人は殺意があった!犯行動機は?

逮捕された少年の犯行動機について調べていきます。

 

少年は容疑を認め、

「殺すつもりだった」

との趣旨の供述をしているとのこと。

 

少年の自宅から凶器のカッターナイフと、

他にも数本のカッターナイフが見つかったようです。

 

犯行動機について詳しいことは公表されていませんでした。

 

被害に遭った女児とは、面識はないという事でした。

誰でもよい無差別だったのでしょうか。

しかも、自分より立場の弱い人物を狙った犯行。

 

許せないですね。

 

【追記】

さらに少年が

「人を殺すことに興味があった」

「誰でもよかった」

というような内容を供述していることも明らかになりました。

 

スポンサーリンク

少年を逮捕した経緯

少年が逮捕された経緯について調べていきます。

 

ネットではなぜ、この少年が逮捕されたのか?

という疑問の声がありました。

 

警察が少年を逮捕したきっかけとなったのは、

被害に遭った女児の証言と一致する犯人が防犯カメラに写っていたということで

少年が事件に関与した疑いが強まったとして事情を聴き、逮捕したとの事。

 

被害に遭った女児が説明する犯人の特徴は、

  • やせ形
  • 髪は短い
  • 白い上着に黒いズボン
  • 白色の運動靴
  • 紺色のリュックと手提げバッグを持っていた

この人物が逮捕された少年だったようです。

女児は「1人で歩いていて、見知らぬ男に背後から襲われた」と話していました。

 

防犯カメラの映像を探してみましたが、

見つかりませんでした。

 

防犯カメラの映像で、逮捕に至り本当に良かったです。

物騒な事件が増えているのでたくさんの防犯カメラの設置を望みます。

スポンサーリンク

ネットの反応

犯人が中学生・・・
犯罪が低年齢化している時代、少年法の見直しを再度検討した方がいいのではないだろうか。
またすぐに精神的に異常を来たしていたという見方をする大人もいるが、中学生はすでに善悪の判断は出来る年齢。
被害に遭われた女の子、そしてご家族の方の気持ちを思うと、この中学生には厳罰を望みます。

(出典元;https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191112-00000117-jij-soci)

 

少年法の改正を望みます。実名も公表してほしい、決して許せない

(出典元;https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191112-00000117-jij-soci)

 

少年法の早期撤廃を心から望む

(出典元;https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191112-00000117-jij-soci)

 

少年法はもう要らない。
殺意があったとまで言ってるんだし14歳だろうが厳罰にすべき

(出典元;https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191112-00000117-jij-soci)

 

これは相当長期間少年院で拘束しておかないと同様の事件を必ず繰り返す。
16歳未満だが心身に著しい障害があると思われるので収容も可能だろう。

(出典元;https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191112-00000117-jij-soci)

スポンサーリンク

最後に

中学生によるとても恐ろしい事件が発生しました。

 

ネットの反応で多かったのが、少年法について。

今回の事件は、少年の強い殺意。

殺意があったのにこれでも少年法で守られるという現実です。

 

少年はどのような生活を送ってきたのでしょうか…。

どんな人物だったのでしょうか。

 

被害に遭った女児は幸い命は助かりましたが

一生のトラウマとなり心の傷が心配です。

 

 

以上、最後までお読みいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました