JR大阪環状線・大正駅で人身事故!原因は?現地の様子や画像!

ニュース・事件

14日午後8時ごろ、

JR大阪環状線 大正駅で人身事故が発生したようです。

人身事故の影響で外回り内回りすべての線で運転見合わせとの事。

 

Twitter上では、ユーザーがその現地の様子を投稿しています。

 

この記事では、

人身事故の原因について、現地の様子をまとめていきます。

スポンサーリンク

大正駅で人身事故

14日午後8時5分ごろ、

JR大阪環状線の大正駅(大阪市大正区)で、天王寺発関西空港行きの快速電車(8両編成)が人と接触した。

 

JR大阪環状線は、

大正駅で起きた人身事故の影響で、

内回りと外回りの全線で運転を見合わせています。

運転再開見込みは、午後9時5分ごろの予定。

 

大阪環状線の走行状況はJR西日本のサイトから

確認することが出来ます。

スポンサーリンク

現地の様子

スポンサーリンク

人身事故の原因について

人身事故が発生した原因について調べていきます。

 

JR西日本のサイトでは、

『お客様と接触』という発表されています。

 

20時半現在、

自殺なのか事故なのか、また生死についてもわかっていません。

 

【追記】

線路上にいた高齢とみられる男性をはねたということが明らかになりました。

この男性は、心肺停止状態で病院に搬送されたとの事。

電車には乗客が約1100人いたとの事。

運転士がホーム付近の線路上にいる男性を約50メートル手前で発見し、非常ブレーキをかけたということですが、乗客にはけがはなかったようです。

 

スポンサーリンク

事故現場について

事故現場について調べていきます。

 

人身事故が発生した現場は、

JR大阪環状線 大正駅ということです。

 

 

ストリートビューで大正駅を確認すると、

ホームドアが設置されていないようです。

転落した可能性もあります。

スポンサーリンク

まとめ

JR大阪環状線 大正駅の人身事故についてまとめていきました。

事故の原因や負傷者について詳しい情報はわかっていません。

分かり次第、更新していきます。

 

帰宅時間に環状線が止まったことで多くの利用客が巻き込まれた模様。

少しでも早く運転再開しますように。

 

以上、最後までお読みいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました