加藤社長の顔画像!どんなアニメ制作会社?ティアスタジオが夜逃げ?!

エンタメ・芸能

アニメーション制作会社の『ティアスタジオ』がギャラ未払いで夜逃げしたという事でネット上でざわついています。

ティアスタジオのTwitterは削除されており、

会社のHPもアクセスエラーとなる状態。

また、「社長はしばらく見ていない」という情報も…。

 

倒産したのでしょうか。

一体どうなっているのでしょうか!

 

ティアスタジオはどんな会社で、

社長の加藤淳はどんな人物なのでしょうか。

 

この件について調べていきます。

スポンサーリンク

ソース元となった佐藤元さんのツイート

ギャラ未払いで夜逃げしたと告発したのは、

佐藤元さんと言う方。

そのツイートがこちら↓↓

佐藤元さんは、漫画家や講師業をしているようです。

 

佐藤元さんの友人も未払いの方が居るとの事。

集団訴訟も考えないといけないとツイートしています。

スポンサーリンク

TwitterやHPが削除?!

ティアスタジオについて調べようと思い、

HPへアクセスしましたが内部サーバーエラーとなります。

 

Twitterのアカウントも削除されておりました。

 

HPは、一部情報は見れるようですが、

ページによってエラーとなるようです。

 

スポンサーリンク

ティアスタジオとは?

アニメ制作会社のティアスタジオはどんな会社なのでしょうか。

 

ティアスタジオは、『東京都杉並区』と『宮城県仙台市』にある、アニメ制作スタジオ。

 

ティアスタジオの会社情報については、

アクセスすることが出来ました。

(出典元;http://tear-studio.com/company-2-2)

 

【会社名】
株式会社ネクストバッターズサークル

 

【代表取締役】
加藤 淳

 

加藤淳社長が2013年3月15日、

株式会社ネクストバッターズサークルを設立。

アニメ制作の「ティアスタジオ」を運営。

 

スポンサーリンク

制作したアニメについて

ティアスタジオが制作したアニメについて調べていきます。

※情報が少なく、わかったもアニメのみまとめています。

2017年公開

  • ラブ米 WE LOVE RICE 二期作(エンカレッジフィルムズと共同)

2018年公開
  • ロード オブ ヴァーミリオン 紅蓮の王(アスリードと共同)

2019年公開
  • 劇場版 王室教師ハイネ

 

  • なんでここに先生が!?

 

  • フラグタイム

 

フラグタイムは、

2019年11月22日より新宿バルト9他にて現在公開中の映画です。

フラグライムのHPにティアスタジオが担当していたことがわかります。

(出典元;フラグライム公式サイト)

スポンサーリンク

社長の加藤淳はどんな人物?顔画像は?

代表取締役社長の加藤淳氏とは一体どんな人物なのでしょうか。

 

顔画像を調べてみると、

『株式会社ネクストバッターズサークル 加藤淳社長』で出てきました。

 

 

Twitterでは『社長はいないと言われたし、しばらくは見ていない』という情報もありました。

本当に夜逃げしているのでしょうか…。

スポンサーリンク

ネットの声

 

スポンサーリンク

ネクストバッターズサークルが破産申請へ【追記】

ティアスタジオの会社、(株)ネクストバッターズサークルが破産申請したことが12月16日分かりました。

東京商工リサーチがこのように報じています。

(株)ネクストバッターズサークル(TSR企業コード:300129467、法人番号:3011401016969、杉並区成田東4-36-15、設立2013(平成25)年3月15日、資本金50万円、加藤淳社長)は12月13日までに事業を停止し、破産申請を宇都宮貴士弁護士(大原綜合法律事務所、松戸市新松戸4-50、電話047-702-3026)に一任した。今月中の破産申請を予定する。負債総額は約4300万円、うちアニメーターらへの未払い分が約50名に対して約800万円。

 テレビアニメーションなどの制作会社。当初は制作協力が中心だったが、「ティアスタジオ」のスタジオ名で2018年のテレビアニメ「ロード オブ ヴァーミリオン 紅蓮の王」以降、アニメ制作元請として多数の作品を手掛けていた。都内のほか、仙台にもスタジオ機能を持ち、2019年にはテレビアニメ「なんでここに先生が!?」や、現在公開中の劇場版アニメ「フラグタイム」など話題作の制作も手掛けていた。

しかし、近年の人件費高騰を背景に、採算割れの受注も発生するなどし、厳しい資金繰りが続いていた。
2019年11月末には実質事業を停止し、同時期に代表者ら関係者への連絡が取りにくくなった。
このため、多数のアニメーターらによる報酬の未払いを訴える内容の書き込みがTwitterなどのSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)に相次ぎ、注目を集めていた。

(出典元;東京商工リサーチ)

 

スポンサーリンク

最後に

『ティアスタジオがギャラ未払い夜逃げ?!真相は?どんなアニメ制作会社?』についてまとめていきました。

告発した佐藤元さんの他にも被害に遭っているアニメーターの方が多数いるようですね。

 

 

以上、最後までお読みいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました