サッカー,日本vsカタール戦の審判は誰?ヤバすぎる判定で買収疑惑?!

15日行われた東京五輪アジア最終予選、

U23選手権、日本VSカタール戦の審判の判定がヤバすぎると話題になっています。

 

ネットではカタールが審判を買収している、

お金が動いているなど批判コメントが寄せられています。

 

その内容についてまとめていきます。

スポンサーリンク

田中碧選手がVARで一発退場

前半、アディッショナルタイムに球際の競り合いで田中碧選手が相手選手と接触。

主審は笛を吹かず試合続行となりましたが、

その後VAR判定となり、田中碧選手にレッドカードが提示されました。

 

スポンサーリンク

一発レッド判定に批判の声

なぜ、一発レッド判定を批判するツイートが多く投稿されています。

 

レッドカード判定に納得のいかない視聴者が相次ぎました。

スポンサーリンク

無茶苦茶なPK判定?

後半戦で日本が先制点を取得後すぐ、

齊藤未月選手がファウルをしたということでPK判定をした主審。

 

このときこそ、VAR確認をして欲しかったが、

確認せずそのままPKへ。

1点取られ同点になりました。

あきらかに日本の選手が蹴られていたのに、

PK判定となっていました。

これには解説者の松木さんも

「なんで確認しないのか」「蹴られているじゃないか」と激怒していました。

 

このPK判定が決定打となり、

審判への買収疑惑がさらに大きくなりました。

スポンサーリンク

主審の誰?名前は?

 

主審をしていた方の名前を調べてみました。

ネットでもこの審判は誰?という疑問の声が多くありました。

色々調べてみると『ムハンマド タキ』さんと言う方が主審をしていたようです。

 

スポンサーリンク

最後に

U23選手権 日本VSカタール戦の審判の判定に批判の声が相次いでいる件について調べていきました。

日本は1名人数が少ない中、同点で試合は終了。

あのPK判定がなかったら勝っていたかもしれないのに…と考えてしまいます。

 

納得のいかない試合と感じた人も多いのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました