樋口弘晃の顔画像や経歴,SNS特定!日大ラグビー部員が大麻所持

スポーツ

日本大学ラグビー部の部員が大麻を所持したとして逮捕されました。

逮捕されたのは樋口弘晃(ひぐちひろあき)容疑者。

 

樋口容疑者は、自分で使うためだったと認めているとの事。

樋口容疑者のプロフィールやこれまでの経歴、

フェイスブックやインスタ、ツイッターなど調べていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

報じられた内容

路上で大麻を所持していたとして、警視庁原宿署が大麻取締法違反容疑で、日本大ラグビー部員の樋口弘晃容疑者(21)を逮捕していたことが20日、同署への取材で分かった。

容疑を認め、「自分で使っていた」と話しているという。

日大ラグビー部は、関東大学リーグ戦1部に所属している。同署は20日午前、東京都稲城市内にある日大ラグビー部の寮を家宅捜索。入手ルートなどを調べる。

逮捕容疑は今月18日、渋谷区の路上で大麻を所持した疑い。警察官の職務質問で発覚したという。

(出典元;時事通信)

スポンサーリンク

樋口弘晃容疑者のプロフィール・顔画像


(出典元;http://archive.is/By3GR)

名前樋口 弘晃(ひぐち ひろあき)
年齢21歳
生年月日1998/05/22
職業日本大学 3年生

ラグビー部所属

身長/体重157センチ/77キロ

 

樋口容疑者の顔画像やプロフィールは、

日本大学ラグビー部のHPから確認できました。

現在は、調整中で閲覧できなくなっているようです。

スポンサーリンク

フェイスブックやツイッター、インスタ

樋口容疑者のFacebookやTwitter、Instagramのアカウントを調べてみました。

Facebookは特定できませんでしたが、

本人のものと思われるTwitterやインスタはありました。

Twitter

Instagram

Twitterはほとんど更新されていませんでした。

Instagramは友人との写真が更新されていました。

スポンサーリンク

樋口弘晃容疑者の経歴について

樋口容疑者の経歴について調べていきます。

現在、日本大学 文理学科3年生で

ラグビー部に所属している樋口容疑者。

ポジションはSH(スクラムハーフ)。

 

トップリーグのHPから樋口容疑者の学歴を調べることが出来ました。

(出典元;https://www.top-league.jp/player/profile/181827/)

出身地は不明ですが、

福教大久留米中学校を卒業後、熊本県立荒尾・岱志高等学校を卒業。

現在は日本大学在学しています。

 

中学時代は、福岡県久留米市を中心に活動する少年ラグビークラブ『りんどうヤングラガーズ』というチームに所属していたことがわかります。

 

樋口容疑者の通っていた高校は、

全国高校大会(花園)に8度出場した熊本の強豪校です。

一部メディアによると高校時代は主将も務めていた責任感のある選手だったようです。

 

 

ちなみに中学校は福岡県久留米市にある学校、

高校は熊本県の高校なので、九州の出身なのではないでしょうか。

スポンサーリンク

入手ルート、他の部員の大麻使用は?

日大ラグビー部員が大麻所持・使用を認めているという事で気になるのが、入手ルートや他の部員の大麻使用。

 

20日午前、東京都稲城市内にある日大ラグビー部の寮を家宅捜査しています。

(出典元;NHK)

 

入手ルートについてはまだわかっていません。

樋口容疑者は寮に入っていたようなので

他のラグビー部員の使用も気になるところです。

 

交友関係など徹底的に調査する必要があるようです。

 

昨年はトヨタ自動車に所属する樺島亮太容疑者と他1名が逮捕されました。

スポンサーリンク

ネットの声

個人の犯罪なので大学側も災難だろうが、、、
日大には更なるマイナスイメージが付いてしまった感は否めない。

(出典元;Yahoo!ニュース)

 

あれだけ強かった関東学院も薬物事件で弱小チームへと変わってしまった

(出典元;Yahoo!ニュース)

 

また日大かーって言われても仕方ないね。

(出典元;Yahoo!ニュース)

 

あれだけ多くの学生がいるんだから、一人や二人こんなのがいても不思議ない。ポン大だし。

(出典元;Yahoo!ニュース)

 

スポンサーリンク

最後に

日大ラグビー部員の樋口弘晃容疑者が大麻取締法違反の疑いで逮捕されたことが報じられました。

この記事では樋口容疑者のプロフィールや顔画像、経歴等調べていきました。

 

ラグビーが盛り上がっている中、

ラグビー選手が大麻所持というニュースが流れ、

イメージが悪くなってしまいますね。

 

以上、最後までお読みいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました