箕輪厚介が五輪チケット裏ルートでゲット?!入手ルートは?問題発言で炎上

エンタメ・芸能

28日放送された朝の情報番組「スッキリ」。

コメンテーターとして出演していた

箕輪厚介氏が東京オリンピックの観戦チケットについて

とんでもない発言をして炎上しています。

 

この件についてまとめていきます。

スポンサーリンク

箕輪厚介氏が裏ルートで観戦チケット入手?!

この日スッキリでは東京オリンピックの話をしており、

箕輪厚介氏が「サッカーのチケットゲットしました」と

ドヤ顔で入手したことを話していました。

サッカー好きの加藤浩次さんが、

「当たったの?」と質問すると、

箕輪厚介氏は「いや、まぁ、ちょっと裏ルートで…」と返答。

 

”裏ルート”という軽率な発言に加藤浩次さんは少し怒り気味に「そんなのないでしょ」と真顔で詰問。

箕輪厚介氏は「大量に買ってた人がいて、みんなで30枚ぐらい当たったからって。だから600万とかかな? わからないけど。20枚かな?」など、あやふやな答えていました。

 

スタジオは一気に冷めた雰囲気になりました。

天の声である山里亮太さんが「箕輪さん、ホントはチケットも何もなくて行けないけど、目立つためにウソついてるでしょ?」とフォローしました。

しかし、箕輪厚介氏「本当です。写真を送りますよ」と発言。

 

この裏入手説を朝の生放送で発言した箕輪厚介氏にSNS上では批判が相次いでいます。

スポンサーリンク

ネットの声

スポンサーリンク

箕輪厚介氏の弁明は?

東京オリンピック観戦チケット(しかも倍率の高いサッカー)を裏ルートで入手したとテレビでは言ってはいけない発言をしてしまった箕輪厚介氏。

コメンテーターとしての立場もありますし、

生放送だっただけにSNS上では

「どうやって入手したの?」「大量に30枚も当たるの?」

と疑問視する声が寄せられています。

公平に当選するとされていたオリンピックチケットですが、箕輪厚介氏の発言で何か力が動いているのでは?と疑いをかけられています。

 

箕輪厚介氏はこの件について

入手ルートの説明が必要とされますが、

放送後もコメントを出していません。

 

本人のTwitter等も更新されていません。

▶箕輪厚介氏のTwitter

 

入手ルートについて説明があり次第、追記させていただきます。

スポンサーリンク

箕輪厚介氏のプロフィール

名前箕輪厚介(みのわこうすけ)
生年月日1985年8月25日
年齢34歳(2020年1月時点)
出身地東京都
学歴早稲田大学第一文学部卒業
職業編集者・実業家

箕輪氏は日本の編集者、実業家。株式会社幻冬舎所属。

自身のオンラインサロン「箕輪編集室」を主宰。オンラインサロンと連動しながら、コンサルティング・プロデュースを手掛ける。

また、堀江貴文が主宰するオンラインサロンの特任助教教授として編集学部を担当。

株式会社CAMPFIREと株式会社幻冬舎の共同出資会社、株式会社エクソダス取締役に就任。

CAMPFIRE community チェアマン。

スッキリ火曜日担当のコメンテーターとして出演中。

スポンサーリンク

最後に

箕輪厚介氏が東京オリンピック サッカーの観戦チケットを裏ルートで入手したと発言し、炎上した件についてまとめていきました。

どのように入手したのか真相はわかっていませんが、

テレビに出る人間があの発言をしたらNGですよねww

加藤浩次さんもかなりイラついていたように感じ、スタジオの雰囲気は最悪でしたね。

今後この件に対し、どのような説明をするのでしょうか。

 

以上、最後までお読みいただきありがとうございます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました