斎藤佑樹が戦力外で引退?!理由は10年契約や監督辞任,今後はキャスターか

エンタメ・芸能

甲子園で”ハンカチ王子”という愛称で人気となった北海道日本ハムファイターズの斎藤佑樹投手が今シーズン限りでユニフォームを脱ぐことになりそうだと、8月27日発売の文春が報じました。

文春が報じた”ハンカチ王子引退”について、一部ネットではデマではないか?と言いう情報も。

調べていきます。

スポンサーリンク

斎藤佑樹が引退へ?

”ハンカチ王子”こと北海道日本ハムファイターズの斎藤佑樹投手(32)が今シーズン限りでユニフォームを脱ぐことになりそうだ

こう伝えたのは、8月27日に発売された文春。

スポーツ紙記者は、

「球団内では『さすがにこのままでは…』という空気が漂っている。オフを前に引退の”Xデー”が来るのではと、番記者たちも警戒を強めている」

んだとか。

文春が斎藤佑樹投手の引退について伝えましたが、27日正午時点、日ハムの公式サイトではとくに触れていません。

もちろん、選手一覧に斎藤投手は載っています。

画像引用元:北海道日本ハムファイターズHPより

文春が引退の件で斎藤投手に直接電話すると、球団を通してくださいと言われたとのこと。

日ハム広報は「文春さんはNG媒体にさせていただいており、取材にはお答えしません」ということだったようです。

スポンサーリンク

斎藤佑樹の引退はデマ?【追記】

斎藤投手の引退を報じた文春ですが、一部ネットでは『文春の飛ばし記事では?』、『デマじゃないの?』という声があります。

 

 

週刊文春が斎藤投手の引退を報じましたが、当の本人は「完全否定」していることが28日、明らかになりました。

スポンサーリンク

引退の理由は?10年契約

一部ネットでは引退はデマ、飛ばし記事と言われていますが、それなりの理由があるのでしょう。

文春が伝えた引退の理由についてまとめていきます。

まず一つ目の理由が入団時に『10年契約を続ける』という約束をしていたから。

真相はわかりませんが、球団関係者が文春に語っています。

 

斎藤投手が入団したのは2011年。入団直後は最多の6勝を挙げたが、その後、ケガもあって成績が低迷。

一軍通算15勝にとどまっている。昨年、一昨年と2年連続でシーズン未勝利に終わっている。

今期の年俸は1600万円で、キャンプでは一軍スタートだったが、オープン戦で結果を残せず二軍行き。

8月25日現在、二軍でも1勝3敗、防御率6.57と低迷。

一軍に上がれる目途が全く立たない状況だという。

球団は、そんな斎藤投手に対してトレードや戦力外の宣告もせず、異例の厚遇をしてきた理由が10年契約があったからだとしています。

今年はその最終年なので、引退と囁かれているようですね。

スポンサーリンク

引退の理由は?監督人事

2つ目の理由が『栗山英樹監督の辞任の可能性』があるとしています。

日ハムは現在、Bクラスに低迷。

栗山監督は5位に終わった昨年、辞意を表明するも留意されて9年目に突入。

ただ、単年契約なので、Bクラスに終われば辞任が既定路線。

栗山監督が最も目をかけた選手が斎藤だったので、このままだと大きな後ろ盾がなくなります。

引用:文春

 

日本ハムがBクラスに終われば、栗山監督が今季限りで辞任すると見られることも理由に挙げ、ともに去るのでは?と報じられています。

スポンサーリンク

引退後はスポーツキャスターや野球教室?

さらに文春では引退後の活動について、掲載しています。

斎藤投手は、引退後の選択肢の一つとして、知名度を生かしたスポーツキャスターを考えているんだとか。

斎藤投手の知人は文春の取材に次のように答えています。

「大学時代には『野球を辞めたら日テレの上重聡アナみたいになりたい』と熱意を語っていました。ここ数年も『キャスターもいいですね』と旧知のテレビ局関係者などに相談していたようです」

「将来的には野球教室など子どもと野球教室を結びつけるよう活動もしたいようです」

コーチや球団職員については「本人がやりたがっていいない。ただ『球団には感謝している。恩返ししたい』と言っています」

 

現時点では、引退について正式に発表されていませんが、いずれ引退するときはくるでしょう。

ハンカチ王子のキャスター姿見てみたいですね!!

スポンサーリンク

最後に

”ハンカチ王子”こと北海道日本ハムファイターズの斎藤佑樹投手の引退を文春が伝えました。

日ハムも他スポーツ紙も斎藤投手の引退について現時点では特に言及しておりません。

真相が気になるところ。

以上、最後までお読みいただきありがとうございます。



 

コメント

タイトルとURLをコピーしました