長崎ココウォークで自殺!女性が飛び降り?身元は誰?現場の様子や画像

ニュース・事件

2020年10月29日、長崎県長崎市茂里町の『みらい長崎ココウォーク』で飛び降り自殺があった模様です。

先日、大阪市梅田の『ヘップファイブ』で自殺に引き続き、観覧車のある商業施設での飛び降り自殺が相次いでいます。

遺書などは残されているのでしょうか。

スポンサーリンク

現場の様子【画像】

Twitterでは現場の様子がツイートされています。

スポンサーリンク

現場について

飛び降り自殺が起こったとされる現場は、長崎県長崎市茂里町にある商業施設『みらい長崎ココウォーク』。

観覧車が印象的で、映画館『TOHOシネマズ』、ファッション関係、グルメなどは入っている商業施設です。

スポンサーリンク

 自殺した人の身元について

飛び降り自殺と言われていますが、身元について調べていきます。

ココウォークでの自殺の件について、午後5時現在、報じられていないため、身元についてはわかっていません。

ただ、Twitter上では女の人が飛び降りたというツイートがありました。

このツイートをした方がココウォークで働いていたとすれば、ココウォークから飛び降りたのは、女性ということになります。

追記

飛び降り自殺をしたのは、高校3年生(18)だという事が判明しました。

長崎県警長崎署や同県教委によると、亡くなったのは県立高3年の女子生徒(18)で、同署が状況を詳しく調べている。  県教委によると、生徒は29日、学校を欠席していた。いじめや悩みの有無は現時点で把握していないという。

引用:読売新聞

スポンサーリンク

梅田『ヘップファイブ』の自殺を彷彿させる

10月23日、大阪・梅田の商業施設『ヘップファイブ』で17歳の男子高校生が飛び降り自殺をして、通行人の古川賀子さん(19)に直撃し、亡くなったというとても悲しい事故が発生したばかり。

ココウォークとヘップファイブは観覧車がある商業施設ということから、ヘップファイブの自殺を真似たのでは?という声もありました。

↓「みらい長崎ココウォーク」

↓「HEP FIVE(ヘップファイブ)」

 

ヘップファイブの飛び降り自殺は全国ニュースになるほど、大きな事故でした。

現時点では飛び降り自殺と確定したわけではありませんが、ヘップファイブの飛び降り自殺に触発されて 観覧車のあるココウォークを自殺する場所に選んだ可能性も考えられます。

スポンサーリンク

『みらい長崎ココウォーク』は自殺名所?

過去にも『みらい長崎ココウォーク』で自殺が発生しているようです。

2019年2月10日

9日午後6時45分ごろ、長崎市茂里町の大型商業施設「みらい長崎ココウォーク」の屋上から、長崎市内の高校に通う3年生の男子生徒(18)が転落し、約1時間後に搬送先の病院で死亡が確認された。

長崎署によると、男子生徒は大学受験で悩みを抱えていたといい、同署は自殺した可能性が高いとみている。

屋上の防犯カメラに男子生徒が1人で訪れ転落する様子が映っていた。男子生徒の所有とみられるカバンが屋上に置かれていたが、遺書は見つかっていないという。

大型商業施設内には別の事案で署員が訪れており、男子生徒の転落を目撃していた。

 

今回の飛び降り自殺では?と言われていますが、2度目の自殺となれば名所となってしまう可能性も…。

今回、飛び降り自殺と判明すれば、『みらい長崎ココウォーク』の施設の管理問題も問われそうですね。

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました