阿武隈川氾濫で猛毒シアン化ナトリウム流出,症状や被害は?メッキ工場どうなる?

ニュース・事件

台風19号の影響で阿武隈川が氾濫した福島県郡山市。

この阿武隈川氾濫で、郡山市内のメッキ工場から猛毒のシアン化ナトリウム(青酸ソーダ)が流出したと発表されました。

 

このシアン化ナトリウム(青酸ソーダ)は

どんな猛毒なのか、身体にどんな影響があるのか、

また、このシアン化ナトリウムを流出してしまった工場について調べていきます。

 

スポンサーリンク

報じられた内容

福島県郡山市は16日、台風19号による阿武隈川の氾濫で、市内のメッキ工場の生産ラインなどから猛毒のシアン化ナトリウムが流出したと発表した。

市は周辺の約20世帯に避難を呼び掛けた。

工場の排水をためる調整池を市が調べたところ、排出基準の46倍に当たる濃度のシアン化ナトリウムを検出した。

(出典元;共同通信)

 

スポンサーリンク

シアン化ナトリウムとは?

猛毒と呼ばれるシアン化ナトリウムについて調べていきます。

シアン化ナトリウムは、別名『青酸ソーダ(せいさんソーダ)』とも呼ばれる。

 

見た目は、白色の個体です。

毒物及び劇物取締法で毒物に指定されていて

かすかにアーモンド臭がするようです。

 

名探偵コナンとか、殺人事件のドラマとかでもよく

「アーモンド臭がする」とか言われていますよね。

その猛毒が今回メッキ工場から流出しました。

 

 

Wikipediaから詳しい情報が確認できます。

Wikipediaシアン化ナトリウム

 

スポンサーリンク

シアン化ナトリウムの危険性について

シアン化ナトリウムは、

口に入れたりガスを吸い込んだりすると

呼吸困難やめまいを引き起こし、数秒で死亡することもあるようです。

 

経口致死量は成人の場合 200~300 mg/人 と推定されているようです。

症状について

【吸入した場合】

頭痛、めまい、錯乱、吐き気、息切れ、痙攣、嘔吐、脱力感、不安、不整脈、胸部ひっ迫、意識喪失。

 

【眼に入った場合】

発赤、痛み、重度の熱傷。

 

【飲み込んだ場合】

灼熱感。

 

【皮膚に触れた場合】

吸収される可能性あり。発赤、痛み。

 

スポンサーリンク

シアン化ナトリウムを吸引、付着してしまった場合の処置法

シアン化ナトリウムを吸引、皮膚に付着してしまったりした場合の処置法について調べていきます。

 

応急処置

【吸入した場合】

  • 被災者を新鮮な空気のある場所に移動し、呼吸しやすい姿勢で休息させること。
  • 医師の手当、診断を受けること。

 

【皮膚に付着した場合】

  • 直ちに、汚染された衣類をすべて脱ぐこと、又は取り去ること。
  • 皮膚を速やかに石けんで洗浄すること。
  • 汚染された衣類を再使用する前に洗濯すること。
  • 医師の手当、診断を受けること。

 

【目に入った場合】

  • 水で数分間、注意深く洗うこと。
  • コンタクトレンズを着用していて容易に外せる場合は外すこと。
  • 医師の手当て、診断を受けること。

 

【飲み込んだ場合】

  • 口をすすぐこと。
  • 医師の手当て、診断を受けること。

 

スポンサーリンク

シアン化ナトリウムが流出した工場はどこ?

シアン化ナトリウムが流出したのは、

郡山市富久山町福原上台のメッキ加工会社「エム・ティ・アイ」の工場。

 

株式会社 エム・ティ・アイ

【本社郡山工場】

〒963-8061
福島県郡山市富久山町福原字上台11-1

TEL:(024)922-4407

(IP電話:050-5530-0730)

FAX:(024)932-1966

公式サイト:エム・ティ・アイ

 

 

他のメッキ加工会社でもシアン化ナトリウムが流出【追記】

19日、別の工場からもシアン化ナトリウムが流出したことが発表されました。

郡山市によると、流出があったのは同市富久山町福原のメッキ加工会社「サンビックス」の第2工場。

工場外の側溝から排出基準の150倍超が検出されたということです。

 

株式会社 サンビックス
福島県郡山市富久山町福原字長沼13番地
TEL:024-933-5755
FAX:024-934-1164

 

 

スポンサーリンク

工場の責任はどうなる?

猛毒により死亡する可能性もあるシアン化ナトリウム。

この猛毒が流出してしまいましたが、

メッキ工場「エム・ティ・アイ」は保管・管理をしっかり行っていたのでしょうか。

 

シアン化ナトリウムを扱うにあたり、

保管条件は『施錠して保管すること』と定められているようです。

 

今回のような自然災害も想定し、

しっかりと保管していたかという事が重要なのではないでしょうか。

 

もし、きちんと管理できていなかった場合、

重大な責任を負うことになるのではないでしょうか。

また、避難している住民に対しても費用を負担しなければならないのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

ネットの反応

 

発表が遅すぎるし、そういう物を扱う工場なら、すぐさま確認して欲しい。なかなか水が引かなかった等理由があったとしても。

(出典元;https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191016-00000194-kyodonews-soci)

 

工場ですから、避難訓練は行っていたはずです。
危険な台風が来ると報道があれば、危険物質の管理強化が何故できなかったかを、調査分析して、再発防止を考えて欲しい。

(出典元;https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191016-00000194-kyodonews-soci)

 

管理がずさん。想定外では許されない。早く避難してください。

(出典元;https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191016-00000194-kyodonews-soci)

 

福島は原発の汚染物質といい、今回の件といい、
自分の子供に福島産を食べされるにはどうしても抵抗がある。

(出典元;https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191016-00000194-kyodonews-soci)

 

 

スポンサーリンク

最後に

死に至る危険な猛毒 シアン化ナトリウムが流出したことが発表されました。

台風19号から数日たって報じられましたが、

もっと早くわかることではなかったのでしょうか。

 

恐らく、近隣住民の方は片づけ等を始めていたのではないでしょうか…。

手袋やマスクをしていたとしても危険のある猛毒です。

 

被害が出ないことを祈るばかりです。

 

以上、最後までお読みいただきありがとうございます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました