板野博行の嫁や子供は?不倫相手の元教え子は誰?中絶強要未遂で逮捕

エンタメ・芸能

大手予備校「東進ハイスクール」講師の板野博行さんが、

妊娠した交際女性に中絶を迫ったとして逮捕されました。

 

板野博行さんは既婚者で

交際女性とは不倫関係にあったようです。

 

板野博行容疑者と呼ぶことになるとは残念でしかないですね。

 

このニュースについて、

また板野博行さんのご家族やプロフィールについて調べていきます。

 

スポンサーリンク

強要未遂容疑で逮捕

妊娠した交際女性に中絶を迫ったとして、警視庁が大手予備校「東進ハイスクール」講師の板野博行容疑者(56)(千葉県習志野市)を強要未遂容疑で逮捕していたことが捜査関係者への取材でわかった。逮捕は8日で、容疑を認めているという。

捜査関係者によると、板野容疑者は先月20日午後2時頃、東京都武蔵野市の路上で、交際相手の30歳代の女性に対し、「どうしても子を産むなら、わいせつな動画をインターネット上に拡散する」などと言って脅し、中絶手術を受けさせようとした疑い。

女性は手術を受けず、警視庁に被害を相談した。板野容疑者には妻がおり、女性はかつての教え子だった。

板野容疑者は現代文と古文の講師で、古文の単語などを語呂合わせで覚える参考書「ゴロゴ」シリーズなどの著作がある。

(出典元;読売新聞)

スポンサーリンク

元教え子の不倫していた?

上記の様に読売新聞が報じているように、

板野容疑者には妻がいます。

にもかかわらず、元教え子の30代女性と交際していたということです。

 

どうしても子を産むなら、わいせつな動画をインターネット上に拡散する

として脅したという事が報じられています。

 

元教え子の30代女性について調べてみましたが、

被害者であることから名前や顔画像など公表されていませんでした。

 

この女性は板野容疑者が既婚者だという事はわかっていたのでしょうか。

それとも独身と思って、交際していたのでしょうか。

 

板野容疑者が上手く騙していた可能性もありますが、

既婚者だとわかってそういう行為をしたのならば

この女性も非があるのではないでしょうか。

(もちろん責任を取らず脅した板野容疑者も悪いですが)

 

スポンサーリンク

結婚した妻(嫁)、子供について

板野容疑者と結婚した嫁(妻)について調べていきます。

 

板野容疑者の奥さんは、

名前・顔画像・年齢など一切明らかになっていません。

一般の方なので公表されていないのが普通です。

 

板野容疑者と奥さんの間に子供がいるのかも調べてみましたが、

わかりませんでした。

 

不倫が報じられてしまいましたが

奥さんとの家庭環境が上手くいっていなかったのでしょうか。

 

このような事件が報じられ、

離婚という可能性もありそうですね。

スポンサーリンク

プロフィール

【名前】板野博行(いたのひろゆき)

【年齢】56歳(逮捕時)

【出身地】山口県 下関市 生まれ

【最終学歴】京都大学国文学科卒業

 

東進ハイスクールの公式チャンネルに板野容疑者の講師紹介動画がありました↓↓

東進 講師紹介 – 古文 – 板野 博行先生

この動画も削除されるのは時間の問題なのではないでしょうか。

スポンサーリンク

経歴

板野容疑者の経歴を調べていきます。

京都大学国文学科卒。

工作機械世界一のメーカーで短くもハードなサラリーマン生活を経て、
東進ハイスクール、東進衛星予備校で現代文と古文の衛星授業を担当。

受験研究所「アルスファクトリー」代表

(出典元;著書「ゴロゴ仕事論」より)

 

板野容疑者は山口県下関市 生まれのようですが、

親の仕事の影響で引っ越しを度々していたようです。

 

岡山県の岡山朝日高校を卒業し、

京都大学へ進学しています。

猛勉強をして京都大学へ合格したため、

東進では「伝説の講師」と呼ばれていたようです。

 

東進では現代文と古文の講師をしていました。

古文の単語などを語呂合わせで覚える参考書「ゴロゴ」シリーズの著書で人気の講師でした。

スポンサーリンク

『ゴルゴ』など教材は回収される?

板野容疑者と言えば、

「ゴロゴ」シリーズが人気です。

ゴロゴ公式サイト↓

gorogo.com
学参専門出版社スタディカンパニーのサイト

 

この参考書の回収が気になるところです。

今後どうなるかはまだわかっていませんが

このようなニュースが報じられてしまったので

自主回収せざるを得ないのではないでしょうか。

スポンサーリンク

ネットの声

スポンサーリンク

最後に

あの板野博行先生が逮捕されかなり驚いています。

東進ハイスクールにも大きな影響が出そうですね。

同じ職場の講師の林修先生はどんなコメントを発表するのでしょうか。

 

以上、最後までお読みいただきありがとうございます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました