福岡で新型コロナウイルス感染!男性の行動歴は病院はどこ?九州初の感染者

ニュース・事件

新型コロナウイルスによる肺炎患者が集団発生している問題。

九州在住者で初めて新型コロナウイルスの感染者が確認されました事が報じられました。

この感染者は福岡市に住む60代男性とのこと。

この男性の行動歴、受診した病院、感染経路(感染ルート)について調べていきます。

スポンサーリンク

福岡市に住む男性が新型コロナウイルスに感染

福岡市は20日、市内の60歳代の日本人男性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。

九州在住者の感染が確認されたのは初めて。

海外渡航歴はないという。

(出典元;西日本新聞)

九州で初めて新型コロナウイルスの感染が確認されました。

九州にまで感染が確認され、いよいよ全国的に広まってきたか。という状況になりました。

スポンサーリンク

新型コロナウイルスに感染した男性について

新型コロナウイルスに感染した男性について調べていきます。

【名前】不明

【年齢】60代

【住所】福岡市在住

【職業】無職

 

新型コロナウイルスの感染が確認されたのは、

福岡市内に住む60代の無職の日本人男性で、

中国を含む海外への渡航歴はないという事です。

 

また、同居している家族が2人いるということがわかっています。

 

【追記】

この男性の妻も感染していたことが発表され、

福岡県内で2人目の感染が確認されました。

スポンサーリンク

行動歴は?

新型コロナウイルスの感染が確認された男性の行動歴について調べていきます。

2月13日発熱の症状があり、福岡市内の病院を受診→自宅療養
2月19日発熱の症状が続き、再診

→肺に陰影が見つかり、県内の感染症指定医療機関に入院

2月20日未明新型コロナウイルスの感染が確認

上記の内容が男性の行動歴として明らかになっています。

しかし、男性の外出先や、利用した交通機関等は明らかになっていません。

スポンサーリンク

受診した病院や入院先は?

男性が受診した病院、入院先について調べていきます。

受診先の病院はわかっていません。

福岡市内に住んでいることから、

福岡市の病院を利用したと思われますが病院名は公表されていません。

 

また、19日に再度診察した際、

陰影が見つかり、県内の感染症指定医療機関に入院しています。

福岡県の感染症指定医療機関は下記の通り。

  • 福岡東医療センター
  • 福岡市民病院
  • 九州医療センター
  • 福岡赤十字病院
  • 福岡大学筑紫病院
  • 福岡徳洲会病院
  • 福岡東医療センター
  • 北九州市立医療センター
  • 田川市立病院
  • 聖マリア病院
  • 新古賀病院
  • 筑後市立病院
  • 大牟田病院

(出典元;福岡県庁ホームページより)

新型コロナウイルスの陽性反応が出た男性は、上記の病院のどこかに入院しているようですが、公表されていません。

スポンサーリンク

感染経路は?

感染経路について調べていきます。

20日正午現在、感染経路は調査中という事です。

 

これまでの新型コロナウイルスの感染者は、

武漢市の渡航歴があったり、仕事で外国人を接する機会があったり、感染者と接触したことがあった方々でした。

ですが、この男性は中国を含む海外への渡航歴はなし、無職ということがわかっています。

 

可能性として考えられるのは、

  • 空気感染
  • 無症状病原体保有者と濃厚接触した、密室空間にいた

※無症状病原体保有者は、症状は出ていないが新型コロナウイルスの菌を持っている方のこと

 

自分が新型コロナウイルスによる肺炎だと気づかずに、

または、症状が出ていない方がいる可能性が高いという事ではないでしょうか。

 

福岡には中国からの大型客船が頻繁に入っていたようです。

そこから感染した可能性も大いに考えられます。

スポンサーリンク

最後に

九州での感染が初めて確認されました。

今後、九州の感染者報告が増えそうです。

 

また、クルーズ船に乗客していた日本人男女2名が

ウイルスに感染し、入院して治療を受けていたが

20日死亡したというニュースも報じられました。

 

マスクやアルコール消毒も品薄状態なので、

手洗いうがいの徹底や、人込みを避けるなど自分自身で身を守らなければならないですね。

 

一刻も早く収束することを願います。

以上、最後までお読みいただきありがとうございます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました